カテゴリ: 経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140522-002910


    1
    :2014/05/19(月)22:26:27 ID:
    ワタミ社長、会社のイメージアップに躍起 「大声でブラックじゃないと叫びたい」
    キャリコネ:ニュース一覧
    2014年5月19日(月)18時30分配信

    景気回復に伴う人手不足が顕著になる中で、外食各社が待遇改善と
    イメージアップに取り組み始めている。
    労働者が就労を拒む一種の「ストライキ」が、ブラック企業を追い詰める
    効果的な方策となっているようだ。

    ワタミグループの桑原豊社長も、日本経済新聞(5月18日朝刊)のインタビューで
    人手不足の苦労をこう明かしている。
    「先日、名古屋で開いたレストラン&バーは1回の募集で70人の
     アルバイト枠に200人が来た。
     同じ条件で和民が募集しても残念ながら3~5人だ」

    「ワタミ」とつけば客も人材も寄り付かない?
    このレストラン&バーとは、4月17日にオープンした
    「TGIフライデーズ名古屋店」を指すようだ。
    別業態ではこんなに人手が集まるのに、「和民」では
    まったく集まらないのは、どういう理由なのだろうか。

    5月8日に発表された2014年3月期の決算資料によると、
    ワタミグループの連結最終損益は49.1億円の赤字(前期比84.5億円減)。
    1996年の上場以来、初めての最終赤字に転落してしまった。

    特に国内外食事業は、先期の30.8億円の黒字から今期は19.1億円の
    赤字に陥った。
    50億円もの大きな落ち込みだ。
    背景には、総合居酒屋業界に吹く逆風と、人件費の高騰があると分析されている。

    実際、既存店の9割超を占める「和民」「わたみん家」は、
    前年比で1割近い減少と苦戦している。
    一方、ワタミグループの中でも、同じ総合居酒屋の「旨い屋」や、
    専門業態の「炭旬」「GOHAN」は、前年並みかそれを上回る売上を達成している。

    「ワタミ」とついている店が、消費者や求職者に敬遠されているのか。
    桑原社長は前述のインタビューで、この見方を真正面から強く否定している。
    「大声で『ブラックじゃない』と叫びたい。
     社員・アルバイトを合わせ、国内外で約3万人が働く。
     ちまたで言われているような会社なら誰もいない」
    「ブランドを全否定されてるに等しい」

    桑原社長は業績不振の理由について、消費者の
    「店を選ぶ基準が変わった」ことを指摘する。
    外で飲む回数が減り、「せっかくだから」と少し高くても
    ネットで調べる目的型の選択になったのだという。

    結局は「ワタミが選ばれなくなった」ということであり、
    その裏には会社に対するイメージが影響している可能性もある。
    しかしインタビューでは、そこまで認める発言は見られない。

    これに対し、ネットユーザーからは厳しい声が飛んでいる。
    「ワタミの名前がついていない店が好調なのは、
     ワタミの名前がついていないからだと分かっているくせに」
    「名前を変えるだけでこれだけ変わる現状に、ワタミの名を冠する
     会社の社長として忸怩たる思いは無いのかね?
     会社としてのブランドを全否定されてるに等しいぞ」

    同社の新卒3年目の離職率は約46%。
    これを3年で30%以下にするのが目標だという。
    現状で働く3万人がいるとしても、離職率が高いことを会社が
    問題視していることが分かる。

    2014年3月卒業の新入社員数は、採用目標の半分程度(120人)。
    それでも桑原社長は
    「当社だけが苦戦しているわけではない」
    と強気の姿勢を崩さない。
    (以下、略)

    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1073328?news_ref=top_topics_topic
    【ワタミ社長「大声で“ブラックじゃない”と叫びたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140515-004428

    1
    :2014/05/14(水)20:11:06 ID:
    人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎
    社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事
    をやりたがらなくなっている」と嘆く。

    以下続きはこちらから
    http://www.asahi.com/articles/ASG5G5FL3G5GULFA02J.html


    【すき家のゼンショーHD社長「3K仕事やりたがらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/05/09(金)14:15:24 ID:
    新大久保駅から徒歩1分ほどの場所にある『韓流百貨店』が
    民事再生法の適用を申請した。
    数年前の韓流ブームでは韓流ファンで客が押し寄せていたが、
    韓国の反日政策からか日本でも韓流ブームは廃れていってしまった。
    それが原因で客が激減しこの度、民事再生法を適用となった。

    最も賑わっていたのがこの『韓流百貨店』。
    中には早々に閉店し撤退する店舗も出てきている。


    以上記事抜粋
    全文はソースにて
    http://news.ameba.jp/20140509-45/

    【新大久保の人気韓流ショップ『韓流百貨店』が倒産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/03/23(日)12:57:06 ID:
    すき家、半数の1000店舗を改装 より迅速に商品提供

    ゼンショーホールディングスは約2千店舗ある牛丼店「すき家」の1千店舗を改装する。
    2016年春までの2年間に50億円程度を投じる。

    すき家は消費税率の上がる4月1日に牛丼並盛りを10円値下げして270円とする。
    来店客が増えるとみて、厨房の改良などで商品をより迅速に提供できる体制を整える。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ200GA_S4A320C1TJC000/

    暴動
    【すき家 「1000店舗改装中!ストライキしてないよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/17(木)02:27:43 ID:
    花畑牧場がワタミと提携 乳加工品全国店舗へ
     【中札内】外食大手「ワタミグループ」(東京、桑原豊社長)と
    「花畑牧場」(中札内村、田中義剛社長)は15日から、乳製品を使って共同開発した
    料理とデザート各5品を居酒屋チェーン「和民」など全国587店舗で提供する。
    両社は「6次産業モデルを持つ企業が提携した国内初の大きな取り組み」としている。

    同グループ子会社「ワタミファーム」(千葉)が乳牛約100頭を飼育している
    釧路管内の弟子屈牧場(約260ヘクタール)から日量約1.5トンの生乳を花畑牧場に
    搬入し、モッツァレラチーズやラクレットチーズなどに加工。
    これらを使った計10メニューを十勝帯広店を含む「和民」の他、
    「坐・和民」「わたみん家」「炭の鳥子」で扱う。

    桧山管内の同ファーム瀬棚農場のフレッシュチーズも花畑牧場で最終加工する。
    第1弾のメニューは

    「ふわとろツナマヨヘルシーピザ」
    「おもちとろ~り和風チーズグラタン」
    「スフレパンケーキ」
    「瀬棚農場のバニラアイスと花畑牧場の生キャラメルのアッフォガード」

    などで、3カ月ごとに新商品を開発する予定。
    14日、東京都新宿区で開かれた発表会では、
    同グループ創業者の渡邉美樹氏(参院議員)と田中社長がトークセッションに臨んだ。
    田中社長は「農業は立派なビジネスになり得る。ワタミとのコラボレーションで、
    海外にも行けるというのを見せたい」と意欲。
    渡邉氏も「日本の6次産業のモデルにしたい」と応じた。
    コラボレーションの「キューピッド」に任命された歌手、女優の高橋愛さん
    (元モーニング娘。)も加わり、弟子屈牧場産牛乳で乾杯。

    桑原社長は新メニューを紹介し、
    「『安全』『安心』『手作り』『季節感』のコンセプトに合うのは花畑牧場しかない。
     末永く取り組みたい」
    と話した。
    http://www.tokachi.co.jp/news/201404/20140415-0018139.php

    企み
    【花畑牧場がワタミと提携、乳加工品を店舗へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/11(金)10:26:53 ID:
    北海道の苫小牧駅前プラザ「egao」が自己破産申請し倒産へ

    北海道苫小牧市に本拠を置く商業ビル運営の「サンプラザ」は、4月7日付で事業を停止し
    事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

    1975年に設立の同社は、1977年にJR苫小牧駅前にて地下1階・地上7階建ての商業ビルを
    オープン。同ビルは、スーパーのダイエーを核テナントとして約100店舗が入居するなど
    駅前の中心的存在として知られていました。

    しかし、郊外の大型ショッピングセンターが相次ぎ開業したことで競争が激化したほか、
    2005年には核テナントのダイエーが撤退し集客力が落ち込んだため、2006年には
    新規テナントとともに「苫小牧駅前プラザegao」として改装オープンしたものの
    収益改善には至らず、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://www.fukeiki.com/2014/04/tomakomai-egao.html

    不景気.com 2014年4月10日 10:16

    no title
    【北海道の苫小牧駅前プラザ「egao」が事業停止、自己破産申請へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/12(土)00:12:23 ID:
    牛丼チェーン「吉野家」などを展開する「吉野家ホールディングス」は、
    値下げの効果や新商品が好調だったため、2014年2月期の決算が黒字に転換しました。

    吉野家HDの決算は、売上高が5.4%プラスの1734億円で、営業利益は16%プラスの
    21億8000万円でした。
    純損益は3億6000万円の赤字から7億円の黒字に転換しました。
    主力の吉野家で、牛丼を値下げしたことや「牛すき鍋膳」など割高な新商品が
    好調だったため、増収増益となりました。
    消費税の増税が始まった2015年2月期についても、売上高が0.9%のプラスで、
    コスト改善などにより営業利益は51%のプラスと予想しています。
    会見した河村泰貴社長は、消費税について

    「今のところ想定したほどの影響は出てない」

    とコメントしています。
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_economy/articles/000024927.html

    牛丼も食えやしねえ
    【【牛丼】吉野家ホールディングス、2014年2月期の決算が黒字に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/08(火)00:27:41 ID:
    ★アルバイト時給、ここ数か月「最高値」記録 外食産業の人手不足深刻、1000円でも確保できない

    都市部でアルバイト・パートの平均時給の上昇が続いている。
    業種によっては人手不足が深刻化し、人員確保のため「ニンジン作戦」に出ているためだ。
    そのひとつが外食産業。
    時給は、過去最高レベルの1000円に達しているところも少なくない。

    東京のJR四ツ谷駅前に立ち並ぶ飲食店街を歩くと、店頭に掲げられた
    「アルバイト・パート募集」の張り紙をいくつも見かけた。
    居酒屋の「ホールスタッフ」「調理補助」の求人が多かったが、
    ラーメン店やファストフード店、喫茶店にも張られている。時給は時間帯によって異なるが、
    最も多かったのが「1000円」だ。最低額でも日中の勤務で900円、
    最も高額だった深夜時間帯の牛丼店は1300円を超えた。
    募集はチェーン店、個人経営問わず出ている。
    外食産業のバイト・パートの時給は、全国的にも確実に上がっている。
    リクルートジョブズが2014年3月20日に発表した首都圏、東海、関西の「3大都市圏」における
    2014年2月度の平均時給は、前年同月比10円増の924円となった。
    増加率は1.1%で、「高止まり」と分析しつつもわずかではあるがいまだに上昇が続いている。
    首都圏では971円に達した。

    リクルートジョブズに聞くと、外食のほかコンビニエンスストアなどを含む販売・サービスや
    製造・物流・清掃といった業種でも時給は上がっていると話す。ただ外食は、
    「新規出店ラッシュが起きていることから、バイト・パートの需要が旺盛」と説明した。
    同社が2006年に統計を取り始めて以降、ここ数か月は時給が「最高値」を記録しているそうだ。

    こうした動きはもちろん、景気動向と無縁ではない。
    景気回復がメディアなどで報じられ、「5年ぶりに冬のボーナス増」
    「企業が続々とベア実施」と実態も追いついてきた。財布のひもを少し緩めて、
    外食する機会を増やす人が多くなる。飲食店側はこれを好機ととらえて、
    新規出店へと舵を切る。店舗運営にはまとまった人数が必要なのだが、
    簡単に集まらないため時給面で高待遇を提示し、何とか人手不足を解消したいというわけだ。

    (以下略)

    ソース
    http://news.livedoor.com/article/detail/8712142/

    コンビニ
    【アルバイト時給、ここ数か月「最高値」記録 外食産業の人手不足深刻、1000円でも確保できない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/01(火)05:16:50 ID:
    クジラの肉、もっと食べて! 在庫ありすぎ、学校給食にも売り込む

    政府が国策として進める調査捕鯨で捕獲したクジラの鯨肉が、個人向けの通信販売や
    居酒屋など外食産業のメニューとして、2013 年にも登場する見通しになった。
    学校給食のメニューとしても、本格的に復活する見通しだ。
    水産庁所管の財団法人で、調査捕鯨の実施主体「日本鯨類研究所」(鯨研)が、
    赤字が続く調査捕鯨の収支改善策として、新たに個人や外食産業のほか、
    学校給食向けに鯨肉の直接販売を始める方針を表明したからだ。

    調査捕鯨の赤字解消めざす

    調査捕鯨の鯨肉は現在、年間の消費量に匹敵する約4000トンの在庫を抱え、
    鯨研は累積赤字の解消を求められている。国内の鯨肉は調査捕鯨のほか、
    日本沿岸で小規模に捕獲される「小型沿岸捕鯨」と呼ばれる商業捕鯨の鯨肉が
    一部地域で流通しているが、居酒屋や学校給食のメニューとしては一般的ではない。
    水産庁と鯨研は、鯨肉を個人や居酒屋、学校給食に売り込むことで在庫を減らし、
    安定財源を得ることで調査捕鯨を継続する考えだ。
    今後、一般向けに鯨肉を売り込むPR活動などが始まるという。

    水産庁が鯨研に委託する調査捕鯨は、鯨研が調査後に解体した鯨肉を販売し、
    翌年の調査経費に充てることになっている。
    ところが鯨研の調査捕鯨は、鯨肉の販売不振で2005年度以降、赤字傾向が続いている。
    鯨研は鯨肉の販路拡大で3年後の2014年度に2011年度比5%(1億4800万円)の増収を
    目指すほか、老朽化した調査船の省エネ化や鯨肉生産の機械化などで10億円の
    コスト削減も行い、3か年で3億円の黒字達成を目指す。
    http://news.biglobe.ne.jp/economy/1118/jc_121118_9083450832.html

    焼き鳥
    【鯨肉の在庫過剰で赤字。鯨肉の消費活性化目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/04/01(火)13:35:44 ID:

    消費増税でなぜ牛丼の価格戦略は割れたのか

    価格を上げた吉野家、下げたすき家

    4月1日からの消費税の引き上げをきっかけに、牛丼業界で面白い動きが出ている。
    これまで280円で価格が横並びになっていた牛丼で、価格戦略に違いが見えてきたからだ。
    吉野家は300円に価格を引き上げ、すき家は270円に下げるという戦略に出た。

    日本ではマスコミでこの価格戦略の違いが話題になっているようだが、出張先の米国のホテルで読んだ当地の新聞でも、牛丼価格の記事があった。
    米国のメディアでも話題となるだけの注目を集めているということだろう。

    今回のケースを取材している新聞記者から聞いた話では、吉野家は白ワインやタマネギの量を増やし、味を大幅にアップしたことをアピールしているという。
    この新聞記者は、「これまで食べた中では一番おいしい牛丼だった」という感想をメールで日本から送ってくれた。

    おいしいかどうかは主観もあるだろうが、味と価格のトレードオフが話題になっていることは興味深い。
    牛丼と言えば、これまでは横並びの価格引き下げ競争というイメージが強かったが、今回の消費税率引き上げをきっかけに吉野家は価格だけではない戦略をとろうとしている。

    結果として、吉野家の戦略が功を奏するかどうかは、今後の展開を見なくてはいけないが、企業の商品戦略や価格戦略を考えるために、今回の牛丼の価格の動きは興味深い事例を提供してくれている。
     http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140331/390666/

    牛丼も食えやしねえ


    【【牛丼】すき家 「増税を無視して値下げしよう」 牛丼270円へ】の続きを読む

    このページのトップヘ