カテゴリ: 中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/03/13(木) 02:36:27.99 ID:
    ソース(JBPRESS、川島博之氏) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40128

     中国南部の広西チワン族自治区を訪問する機会があった。その省都南寧とその周辺(そうは言っても中国は広い、南寧から200キロメートルから300キロメートル離れたいくつかの小都市)、そこで見聞きした話をまとめてみた。

    ■A君: 農村出身の20代前半の男性

     「学校の成績、あまり良くなかったなあ、順番は下から数えた方が早かったよ。だけど地元の高校へは行ったよ。今では、ほとんどの人が高校へ行くからね」

     「中国はものすごい学歴社会、出た学校、卒業順位はいつもついて回る。それで人生が決まるんだ。俺みたいに農村出身で、しかも頭も悪い男に明るい未来なんてあるわけないじゃないかー、ははは」

     「今、働いている所かい、遠い親戚が鶏料理屋で儲けて支店を出すと言うから、その支店に雇われたんだよ。月給は1700元(日本円で約3万円)、住むところと賄飯はついている、まあまあかな。もちろん残業はしない、決められた時間しか働かないよ」

     「将来どうするのかって? 農村出身だから実家に帰って農業をやるつもりだよ。ただ農業は儲からないから、本当はやりたくないね。
    でも、俺のようなやつは街で家を持つことはできない、すげー高いからな。
    自分で商売をすることもできない、そんな才覚はないよ。
    だから両親が年老いた頃に実家に戻るつもりさ」

     「一緒に農業をやってくれる嫁さんを見つけることができたら最高だね。だけど、無理だろうな、中国では若い男の数は女より3割も多いから、俺のような男と結婚しようなんて女はいないよ」

     「休みの日は同じ農村出身の友達と遊ぶ、お金を使いたくないから安い食堂で安い酒飲んだり馬鹿話したり、そんな時は楽しいねー」

     「えー、日本かよ、ものすごく悪い国に決まっているだろ。
    毎日テレビで日中戦争の頃のドラマを流しているけど、日本の軍人はものすごく悪い、見ていて腹が立つ、最後の方で必ず八路軍にやっつけられるんだ、この頃はアクションドラマ仕立てになっていて、 きれいな女優さんが兵士の格好をして日本兵を殺す場面があるけど、そんなシーンを見るとスカッとするね。
    政府が反日デモをしてもよいと言えばぜひ参加したい、もちろん釣魚島は中国のものだよ」

    写真=広西チワン族自治区にある地方都市の風景、ホテルの窓から撮影、インフラはそれなりに整備されている。(筆者撮影、以下同)


    ■Bさん: 農村出身の20代半ばの女性

     「成績は良い方でした。村の高校を出たあとに街の専門学校に行きました。村では大学に進む人はほんの一握りです。北京の大学に進むなんて1人もいません。県の中の一番の進学校のトップクラスだけです」

     「今、去年できた、街で一番いいホテルで受付嬢をしています。片言の英語がしゃべれるから4つ星ホテルの受付ができるんです。
    月給は2000元(約3万4000円)、この辺りでは良い方だと思います。
    ボーナスも年に2回、1回につき2カ月程度は出ます。ボーナスを出さないような職場は、すぐに転職します」

     「なぜ受付嬢なのに、“むすっ”としているかですって、へんな質問しないでください。
    中国の受付嬢は笑いません」

     「日本のホテルでは微笑みかけながら対応するんですって。
    馬鹿みたい! そんなの、疲れるだけじゃない。
    別にこのホテルがお客に どう思われようと、私には関係がない。
    ホテルが儲かっても、月給が増えるわけじゃない、決められた最低限の仕事をしていればいい、 友達もみんなそう言っているわ」

     「日中関係についてどう思うか? そんなの興味ないわ。
    それより、いい男いないかしら。
    やる気のあるビジネスマン、公務員は、私のようなコネのない女とは結婚しない。
    でも、30歳までには絶対に結婚したいわ。
    イケメンでなくてもいいです、経済力があれば・・・」

     「農民は絶対にいや。一度街に住んだら、あんな汚い故郷に帰る気になんかならない」

    >>2
    以降に続く)
    【【中国】「反日ドラマには呆れる。あんなもの見てるのは馬鹿さ。釣魚島問題?どうでもいいよ」…中国の地方都市で出会った「普通」の人々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/03/09(日) 00:09:16.43 ID:
     2014年2月27日、中国の留学・教育情報サイト「参陸零教育集団(360エデュケイショングループ)」によると、日本と中国はともに 歴史ある豊かな食文化を有しており、日本料理はあっさりとした味つけを特徴としているにもかかわらず、日本で好まれている中華料理はそうした日本料理とは対照的だという。

     日本のあるインターネットフォーラムでのおいしい中華料理ランキングでは、麻婆豆腐が日本人の一番好む中華料理として選ばれた。
    スパイスの利いた味が人気の理由だが、日本の中華料理店の多くが日本人好みの辛味が少ない甘めの味で特徴を出している。2位はチャーハン。
    本場中国の「楊州炒飯」「福建炒飯」のように細かく分類されていないが、レストランだけでなく一般家庭でもポピュラーな 存在。3位は肉まん。コンビニエンスストアでも人気だ。

     4位以下は春巻き、焼き餃子、エビチリ、酢豚、水餃子、ラーメン、チンジャオロースと続いている。特に焼き餃子は宇都宮市や静岡市、 神戸市などを代表する地元料理にまでなっており、宇都宮市では毎年「餃子祭り」が開催されている。

     中国では健康志向が高まっており、あっさりとした料理が好まれるようになりつつあるが、そのあっさり系味つけの本場とみられている 日本で好んで食べられている中華料理の多くは甘めで濃いめの味つけで「意外にもあまりあっさりしたものではない」と伝えられている。

    ソース(Yahoo・Record China) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140308-00000041-rcdc-cn
    写真 
    【【日中】麻婆豆腐、チャーハン、肉まん、春巻、焼き餃子…日本人が好む中華料理は「こってり系」、あっさりした味の日本料理とは対照的】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: :2013/11/19(火) 22:49:59.61 ID:
    南京大虐殺について
    ①確かに、三十万人あるいはそれ以上の非戦闘人員庶民と捕虜を虐殺した。また日本の謝罪は不十分
    ②最高二十万人ぐらいはあるが、三十万人は絶対ない。そして既に十分謝罪した。
    ③何千人ぐらいはあるが、謝罪は十分した。
    ④何千人はいるが、戦争はそういうものだから、謝罪する必要ない。
    ⑤一人もいない、中国人が作った嘘だ。
    日本人の考え方を知りたいので、どれを選ぶか教えてください。できれば理由も述べてください。
    【中国人だが、日本人に聞きたい。】の続きを読む

    このページのトップヘ