カテゴリ: 事件

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    歓喜3

    1
    :2014/07/16(水)12:28:08 ID:
    大阪市内で昨年10月に行われた韓国人の排除を掲げるデモをめぐり、
    参加しようとした男性を集団で取り囲み暴行を加えたとして、
    大阪府警警備部などは16日、暴力行為処罰法違反容疑で、
    反レイシズム(人種差別主義)をうたう市民グループ「男組」の組長、
    添田充啓(あつひろ)容疑者(41)=川崎市多摩区=と、
    同組本部長の木本拓史容疑者(43)=同=らメンバー8人を逮捕した。
    【祝・しばき隊幹部8人を逮捕!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140703-002804

    1
    :2014/07/02(水)13:12:24 ID:
    兵庫県議、政務調査費から不明瞭支出で釈明
    TBS系(JNN) 7月2日(水)0時7分配信

    兵庫県議会議員が1年間に200回近く出張し、
    領収書を添付しないまま政務調査費から
    およそ300万円を支出していたことがわかりました。
    【兵庫の県議が政務調査費不正請求疑惑の件で記者会見するも途中から奇声をあげて泣きだす・・質問や指摘には一切答えず謝罪や反省の弁も無し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140601-230316


    1
    :2014/06/21(土) 15:45:23.32 ID:
     
    PCの遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害などの罪に問われた
    元IT関連会社社員・片山祐輔被告(32)の第11回公判が20日、
    東京地裁(大野勝則裁判長)であり、
    三重県警に誤認逮捕された男性が証人として出廷した。
    【片山被告「真犯人メールさえ送ってなければ俺は無罪だった」と誤認逮捕された証人に言い放つ・・もはや焼き土下座しかない!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140601-230316

    1
    :2014/06/10(火) 06:38:37.46 ID:
    PC遠隔操作事件で、威力業務妨害などの罪に問われている
    元IT会社員・片山祐輔被告(32)の弁護団は 9日、
    「犯罪が起きた原因を探る必要がある」
    として、片山被告の精神鑑定を東京地裁に請求することを決めた。
    ただし、責任能力を問うものではないとしている。

    この日、地裁、検察、弁護側が今後の公判日程を話し合う
    三者協議があり、終了後に会見した弁護団が明らかにした。
    鑑定の請求は、次回公判の20日までに行うという。
    また、20日にはPCを遠隔操作されて誤認逮捕された被害者ら
    2人が証人として出廷する。

    ニュース全文
    http://www.asahi.com/articles/ASG695SXTG69UTIL049.html
    【片山被告の精神鑑定請求へ・・責任能力は問われず焼き土下座待ったなし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    銃

    1
    :2014/05/27(火) 18:45:55.77 ID:
    3D事件:銃自作に歯止めなく 低価格化、図面広く流布 

    3D(三次元)プリンターで製造した拳銃を所持していたとして、
    元湘南工科大職員、居村佳知容疑者(28)が銃刀法違反容疑で
    逮捕された事件で、神奈川県警は近く、
    武器等製造法違反 容疑で同容疑者を再逮捕する方針を固めた。
    事件は誰もが殺傷力のある銃を自作できる実態を浮き彫りにした。
    インターネット上にあふれる図面は約380万件。
    専門家からは
    「大事件が起きる前に 歯止めを設けるべきだ」
    との指摘も上がるが、法規制は難しい。

    県警は今月8日、殺傷能力のあるプラスチック樹脂製の拳銃2丁を
    所持していた疑いで逮捕に踏み切った。
    捜査関係者によると、その後の調べで居村容疑者がこの2丁を
    昨年9~12月、川崎市の自宅で製造した疑いが強まったという。
    湘南工科大は今月12日付で同容疑者を懲戒解雇した。
    【5万円前後の3Dプリンターで実弾発射可能な銃が簡単に作れる恐怖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    こちら人情民生課

    1
    :2014/06/04(水)22:40:45 ID:
    指定暴力団山口組傘下組織の幹部が、大阪府枚方市の民生委員を
    務めていたことが4日、市への取材で分かった。
    幹部は4日までに詐欺容疑で大阪府警に逮捕されており、
    市は
    「あってはならないことで非常に遺憾」
    とし、解任の手続きを取る方針。

    枚方署や市によると、この幹部は枚方市の貴島章夫容疑者(46)
    2012年12月、民生委員に就任した。
    当時は、自治会長やPTAの役員も務めていた。

    続きはこちら
    http://www.sanspo.com/geino/news/20140604/tro14060421410015-n1.html


    依頼です。
    ◆◆◆ニュー速+ スレ立て依頼所 3◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401345220/187
    【事実は小説よりも奇なり・・大阪でリアルこちら人情民生課!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    制裁

    1
    :2014/06/05(木)23:22:33 ID:
    C.R.A.C.@cracjpn

    「反差別」元代表を再逮捕|佐賀新聞 電子版 http://www.
    saga-s.co.jp/news/national/10203/70786
    … んー、警察は
    ナメすぎでしょ。極左を不当逮捕するようなやり方は、
    現在のカウンター勢力には全く通用しないということを
    身をもってわからせたらなあきません。
    どーんと行こうや。

    9:46 - 2014年6月4日

    https://twitter.com/cracjpn/status/474230695049445376

    対警察のとりあえずの目標は、「大阪府警本部長に謝罪させる」です! 

    9:52 - 2014年6月4日

    https://twitter.com/cracjpn/status/474232171754827776
    【しばき隊がメンバー再逮捕に激怒、大阪府警に対して実力行使で謝罪を要求する構え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    脅し


    1
    :2014/06/04(水)20:08:45 ID:
    大阪府警警備部は4日、在日特権を許さない市民の会メンバーを
    脅したとして、脅迫の疑いで、ヘイトスピーチの反対活動をしていた
    団体の元代表林啓一容疑者(52)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

    逮捕容疑は昨年8月22日、大阪市内で集会をしていた
    在特会の男性(42)を
    「次、鶴橋でやったらただじゃすまんぞ。
     この世におれんようになるぞ」
    と脅した疑い。

    同年9月5日には、自身のホームページに男性の名前を明示して
    「鶴橋で次にヘイトかましたら、ただじゃすまんぞ」
    と投稿し、閲覧した男性を脅した疑いも持たれている。

    警備部によると
    「注意や忠告はしたが、脅迫した事実はない」
    と容疑を否認している。

    林容疑者は凜七星の名で活動、昨年5月に解散した
    「友だち守る団」の代表として、差別的な街宣活動が行われる場所に行き
    非難の言葉を浴びせるなどしていた。
     
    2014年06月04日
    http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/70786
    【生活保護費不正受給で逮捕された韓国籍でシバキ隊の林啓一、今度は脅迫で逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    絶句

    1
    :2014/06/02(月) 12:52:11.39 ID:
    PC遠隔操作事件で再びメール 報道機関に届く、被告は否定
    http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060201001649.html

    パソコン遠隔操作事件で「真犯人」を名乗るメールが1日未明に
    報道機関などに届き、 片山祐輔被告(32)の弁護人が2日、
    「片山被告は送信を否定しており、誰かのいたずらだと思う。しっかり調べてほしい」
    と記者会見で述べた。

    共同通信などに届いたメールは、送信主が片山被告を脅して
    無罪主張を撤回させた、との内容だった。
    主任弁護人の佐藤博史弁護士が2日朝、被告と接見し、
    タイマー送信や第三者への送信依頼がないことを確認したという。

    片山被告は初公判から一貫して無罪を主張していたが、
    5月22日の公判で起訴内容を「全部事実です」と認め、謝罪した。


    ※関連スレ
    【遠隔操作事件】「安部銃蔵」を名乗る真犯人からメールが再び届く「片山さんに自演を指示し、仕向けたのは私です」★4
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401631789/
    【PC遠隔事件「安部銃蔵」を名乗る真犯人からメール・・「片山被告は否定、誰かのイタズラだと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140601-230234

    1
    :2014/05/31(土) 16:24:22.98 ID:

    片山被告が自殺防止房に
    2014年5月31日9時18分

    4人が誤認逮捕されたパソコン(PC)遠隔操作事件で、
    無罪主張を全面撤回した元IT関連会社社員片山祐輔被告(32)の
    第10回公判が30日、東京地裁(大野勝則裁判長)で開かれた。
    公判後の会見で主任弁護人の佐藤博史弁護士は、片山被告が
    現在東京拘置所の「自殺防止房」に入っていることを明かした。
    今後に希望が持てないと、「死にたい」と繰り返していることが理由だという。
    法務省矯正局によると、自殺する可能性のある入所者には
    24時間態勢でカメラで監視する房があるという。

    この日の公判は遠隔操作に使われた不正プログラムの1つを解析した
    技術者が証人で出廷。
    事件では、遠隔操作された男性が神奈川県警に誤認逮捕された。

    地裁は、6月9日に検察、弁護側と精神鑑定実施の有無を含めた
    今後の日程を協議する。
    弁護側によると20日には審理を再開し、
    遠隔操作された被害者の証人尋問が行われる予定だ。
    http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20140531-1309936.html
    【片山祐輔「死にたい」を連呼⇒自殺防止房行き⇒24時間監視。絶対逃がさぬ焼き土下座態勢!】の続きを読む

    このページのトップヘ