2015年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
     
    1:2015/10/08(木) 14:51:47.33 ID:
    http://www.j-cast.com/2015/10/07247225.html

    国民一人一人に12桁の番号を割り当てる税と社会保障の共通番号
    (マイナンバー)制度が2016年1月から運用されるのに伴い、
    氏名や住所といった個人情報が記載され、
    各自治体で身分証明に使われていた「住民基本台帳カード」
    住基カードの発行が年内で終わる。
    マイナンバー制度の運用により、住基カードとほぼ同じ機能を持った
    「個人番号カード」が新たに交付されるためだ。

    住基カードは2003年から交付開始。旅券発行やインターネットを使った納税、
    転入転出などの手続きに使われた。
    総務省の資料「住民基本台帳カードの交付状況」によると、
    2013年3月31日までの普及率は約5%に留まる。
    10:2015/10/08(木) 15:01:20.79 ID:
    >>1 
    住基カードのままで良いのでは?w
    確定申告期間中にも海外旅行したいから作ったけどさ
    2:2015/10/08(木) 14:54:12.80 ID:
    年金の生きてますよ連絡に書く項目があった住基
    【住基カード、マイナンバー制運用の陰でひっそり交付終了 普及率は約5%】の続きを読む

    このページのトップヘ