no title

 
 
 
1:2016/10/23(日) 13:52:02.64 ID:
結局誰が一番の戦犯なん?
直接滅ぼした家康?
最後まで出陣しなかった秀頼?
止められなかった淀君?大野治長?
主戦派の浪人たち?
20:2016/12/15(木) 23:53:44.39 ID:
>>1
滅びたのは秀頼と淀殿の問題
衰退したのは秀吉の問題
3:2016/10/23(日) 14:42:00.66 ID:
秀吉本人
4:2016/10/23(日) 14:46:17.59 ID:
秀吉の失敗て何?
5:2016/10/25(火) 15:15:16.57 ID:
もともと連合政権みたいな性質で
脆弱な基盤だったんじゃないの
秀吉がたてられたのも
後見で一代限りのモノだったんじゃない?

二代目につなげるのに成功したのは家康
秀吉もさっさと二代目に継がせたかったのに
うまくいかなかったし秀頼は晩年の子で
死ぬときまだ小さくて無理だった
7:2016/10/25(火) 23:07:17.66 ID:
大阪の陣で浪人わんさか集めたら乗っ取られたと考えたら信繁とか逆に豊臣滅ぼした戦犯なんじゃ……と考えるのは穿ちすぎかなぁ?
8:2016/10/26(水) 22:15:54.05 ID:
徹頭徹尾信長を格下に見続けた挙げ句に滅亡した朝倉義景と、
同じように徳川に抗い続けた挙げ句滅亡した豊臣秀頼。
両者とも時流に逆らって、御家を滅ぼすような愚をした。
9:2016/11/23(水) 13:17:04.70 ID:
秀吉って、養子をたくさん取っていて、子ども好きでもあったイメージがあるのだけれど、
秀次の子たちとの交流があったっていう文献ってあるんでしょうか。
秀次自体が養子なので、義理の孫にあたるわけで、可愛がった逸話があっても不思議じゃ
ないと思うのですが。
10:2016/11/23(水) 13:52:05.57 ID:
当時の養子取りは子供が好きか嫌いかは全く関係ないんだが
11:2016/12/08(木) 20:57:14.85 ID:
13:2016/12/10(土) 12:52:16.53 ID:
そもそも家康に関東八州を与えたから家康の力が増大した。
遠くに追いやりたい気持ちは解るが、有能な信頼出来る家臣を家康の背後に置いた方が良かった。
結局上杉にその役割が来て上手くいかなかったからなあ
15:2016/12/14(水) 20:21:05.86 ID:
>>13
関八州の開発と北条の残党狩りで
にっちもさっちも行かなくなるのを期待してたのだろう。
佐々成政が肥後で失敗したように。
一方、秀吉は朝鮮征伐で豊臣の分母を大きくしようとした。

結果は関東支配は成功して、朝鮮征伐は失敗したので
ドツボにはまった。
17:2016/12/15(木) 15:24:49.54 ID:
>>13
秀吉は実妹を家康に正室としてやり
その死後は養女であり秀頼の叔母である江を家康の嫡子である秀忠にやり
家康・秀忠も秀吉生前は豊臣家一門のような顔をしていたから
裏切るとは思っていなかったのだろ

そもそも家康の裏切りを予測していたのならば
朝鮮出兵の動員力でもって全国の大名をかき集めて徳川征討に向かわせれば
家康に勝ち目はなかったぞ
18:2016/12/15(木) 16:17:11.96 ID:
>>17
名目がない
19:2016/12/15(木) 17:38:51.39 ID:
>>18
家康も名目がないのに「方広寺鐘銘事件」を作り上げて
豊臣家を滅ぼした

家康は小牧長久手の戦いでは大胆にも秀吉に刃を向けているのだし
口実などいくらでも
30:2016/12/20(火) 10:13:07.83 ID:
>>18
>>19
大義名分と言うのはいつの時代でも大切だよ。
あの戦国時代だって、それなりに大義名分を押し立てて
戦争をしている。
32:2016/12/21(水) 14:00:04.91 ID:
>>19
家康は太閤に対しては忠実な臣下だからなあ
後付で滅ぼしておいた方がよかったとか言われても・・・
秀頼は一応家康に頭は下げたが臣下の礼は拒否してる
16:2016/12/15(木) 15:14:57.24 ID:
関東はヨソ者の北条が、うるさ型の国人層をすでに掃討して
地ならししてくれた後だから、後任者はむしろ楽だろう
それくらい秀吉も分かっていたはずなので、佐々の肥後とは違うと思う
21:2016/12/16(金) 00:37:58.55 ID:
秀次殺したからでしょ
22:2016/12/16(金) 01:04:40.91 ID:
最大の戦犯は、黒田長政(あるいは父・如水も)。
小早川・吉川への工作、これが全てよ。
吉川広家は黒田に並ぶ戦犯扱いでも良いけれど。
23:2016/12/16(金) 11:32:26.84 ID:
>>22
黒田は早い時期から徳川に寝返っていたので、
「戦犯」じゃないだろう。
28:2016/12/20(火) 09:59:14.54 ID:
豊臣の血自体はどこかに残ってるの?


389 名前:日曜8時の名無しさん :2016/12/20(火) 09:16:21.13 ID:s8sgqtQH
>>386
側室の子供助命嘆願して
娘は鎌倉東慶寺の住持になるんだけどな
仏殿建立したり義理の娘との交流続けてたのに
ものすごく薄情なキャラにされてて可哀想だな千姫
31:2016/12/20(火) 22:43:07.80 ID:
>>28
皇室に残ってるよ。
昭和天皇の母親の先祖の一人が豊臣秀次の弟とお江の間にできた娘。
29:2016/12/20(火) 09:59:57.52 ID:
これも秀頼が秀吉の誠の子であったらの話になるんだろうが…
33:2016/12/25(日) 04:27:03.95 ID:
あくまで現代視点だが、

秀吉:
・家康の関東移封自体はそんなに悪くなかった
・海外進出自体は愚策でもなかったけど、
「朝鮮の土地を広々支配する」
っていう構想がひどすぎる
船買ってたくさんこしらえて港町を拠点にしていけば・・・
・秀次事件。

秀頼・淀・牢人:
・二条城会見前に臣下の礼取っとけばよかった
「徳川様の天下のために働くため、
 陣羽織、返していただきとうござる」
とでもいえば日本史の名場面となっただろう

その他:
・北条は早めに臣下の礼とって残ってほしかった
・小早川隆景が死んだ
・上杉と毛利の度胸がなかった、読み間違えた
・小早川秀秋
34:2016/12/25(日) 10:28:18.70 ID:
>>33
秀頼に関しては大阪から京都に移って
徳川家の誰かを大阪城代にして公家化してしまうてもあった。
35:2016/12/25(日) 11:15:44.66 ID:
信繁はじめ牢人たちって結局豊臣への忠義なんてなかったんだろな…まあ雇われ兵なんだから当たり前だけど。
軒を貸して母屋を取られるの典型だな。
36:2016/12/25(日) 12:29:58.26 ID:
例えば松平忠直を大阪城代にしたら、
家康は豊臣攻撃の名目を失ったまま寿命を迎え、
家康死後に徳川家の内紛がおこって豊臣が漁夫の利を得たかもしれない。
37:2017/01/10(火) 14:24:30.92 ID:
関ケ原で負けてから冬の陣・夏の陣で滅亡させられるまでの15年間、
豊臣さんちはどんな感じで過ごしてたのかな?
地方の一大名みたいな感じ?
40:2017/01/18(水) 22:24:47.43 ID:
>>37
徳川秀忠の長女・千姫の婿だったわけだし
妻の筋から行っても徳川に代わる大名ではあっただろ
石高も関ヶ原後家康に強制没収されたとはいえ徳川に次ぐナンバー2
ただの地方大名ということはない
39:2017/01/18(水) 16:17:57.84 ID:
戦国大名は主君と臣下の男色(衆道)を武士の嗜みとしていたが[注釈 49]、武士出身ではない秀吉は衆道への関心がなかった。
男色傾向のなさを訝しんだ家臣が家中で一番との評判の美少年を呼び出し、秀吉に会わせ二人きりにさせたとき秀吉はその少年に「お前に姉か妹はいるか?」と聞いただけだったと言われる。



やはり男色しなかったからだろう
41:2017/03/22(水) 23:43:10.32 ID:
大阪城に行って色々思ったんだけど、
今の大阪城は秀吉時代の名残というのは完全に残ってないんですか?
42:2017/03/23(木) 05:24:53.78 ID:
残ってないでしょ、堀も徳川建て直し後のもんだし、
城はコンクリートのレプリカのうえ徳川時代もんだし。
だから金集めてるんだろうけど。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/history/1477198322 


0しまむらくん7
豊臣秀吉が死んで2年で天下人の座から転げ落ちて15年で滅亡・・。
正直、どうしてこうなったとしか言いようがない転落ぶりですね。