no title

 
 
 
1:2014/05/19(月) 02:13:49.58 ID:
訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)


将校無能すぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 
54:2014/05/19(月) 03:09:10.86 ID:
なにこの>>1こわい
62:2014/05/19(月) 03:15:48.85 ID:
少佐!>>1が発狂したであります!!
77:2014/05/19(月) 03:30:39.46 ID:
>>1
寒さであたまがやられたか
80:2014/05/19(月) 03:32:59.88 ID:
このスレの>>1はなにがしたいんだろうか
2:2014/05/19(月) 02:14:21.19 ID:
生き残っても両足切断とかだからな
4:2014/05/19(月) 02:14:50.18 ID:
何がどう笑えるのか
6:2014/05/19(月) 02:15:10.42 ID:
あれは大隊長が悪い
7:2014/05/19(月) 02:15:18.28 ID:
無能すぎて笑える
8:2014/05/19(月) 02:16:09.61 ID:
さっきから軍服を着た奴らに見られてる気がするんだよぉ~
10:2014/05/19(月) 02:16:48.78 ID:
ゆき~の進軍氷を踏んで~
11:2014/05/19(月) 02:18:04.23 ID:
ど~うせ生~きてはか~えらぬつもり
13:2014/05/19(月) 02:19:08.09 ID:
古い方は 生かして返さぬつもり だ
16:2014/05/19(月) 02:20:24.79 ID:
>>13
へー新しいとか古いのとかあるんだ
18:2014/05/19(月) 02:21:41.18 ID:
>>16
確か古い方は最後の歌詞が味方殺してんだ
それはちょっとあれだから歌詞が改変された
14:2014/05/19(月) 02:19:36.11 ID:
まさに地獄だよな
伝聞だけで恐ろしい
15:2014/05/19(月) 02:19:42.34 ID:
小便が凍って死亡
19:2014/05/19(月) 02:21:49.63 ID:
どういう事件なの
20:2014/05/19(月) 02:22:12.10 ID:
事件内容産業
21:2014/05/19(月) 02:22:35.05 ID:
冥福
22:2014/05/19(月) 02:23:29.65 ID:
この時佐藤特務曹長が田代への道を知っているとの言を山口少佐が聞き、
独断で「然らば案内せよ」と命じた。
しかし佐藤特務曹長は道を誤り、結局澤への道を下ったところは駒込川の本流であった。
その頃は全員疲労困憊しており、隊列も整わず統制に支障が出始めた。
山口少佐は、駒込川に至ったことで佐藤特務曹長の進言が誤りだったことに気付くが、
もと来た道は吹雪により完全に消されており部隊は完全に前後不覚の状態になり遭難となった。




いるいるこういう無能の癖に「俺がなんとかしてやるぜ!」とか出しゃばって事態を悪化させる奴。
23:2014/05/19(月) 02:26:42.25 ID:
これは119おしたくなるわ
24:2014/05/19(月) 02:28:22.39 ID:
だな
とりあえず映画八甲田山は名作なので皆観るように
25:2014/05/19(月) 02:29:23.96 ID:
あの映画寒すぎて気が狂うシーンとかエグいよな
27:2014/05/19(月) 02:30:49.75 ID:
>>25
裸になるやつか
低体温症になると脱ぐやついるみたいだからな
28:2014/05/19(月) 02:32:30.56 ID:
1977年かトラトラトラ!より新しいんだな当たり前か
29:2014/05/19(月) 02:33:27.72 ID:
たしか将校団は途中で引き返す方向で意見がまとまってた
しかし熟練の下士官たちが途中で引き返すなんて他の部隊に顔向けできない、と
行軍続行を訴えてそれに押し切られた
30:2014/05/19(月) 02:34:12.32 ID:
雪の怖さを知る地元民は防寒対策してて生き延びたみたいだな
31:2014/05/19(月) 02:34:16.21 ID:
【青森】八甲田 深夜、無人の別荘から119番通報 誤報?それとも…[14/05/18] ★2
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1400424817/
 
32:2014/05/19(月) 02:35:55.88 ID:
>>31
こえーよ
33:2014/05/19(月) 02:36:42.22 ID:
>>31
洒落にならねえ
34:2014/05/19(月) 02:37:02.34 ID:
>>31
スレタイ怖すぎて開けねえよwwwwwww
49:2014/05/19(月) 03:05:14.84 ID:
スレタイ見て>>31余裕でした
82:2014/05/19(月) 03:33:09.02 ID:
>>31
怖すぎだろ
35:2014/05/19(月) 02:37:28.39 ID:
 no title


>輪になって風雪に耐える下士官・兵たち しかし階級の低い者ほど外側だった 周囲は凍死した兵卒たち

こういう時交代制にしない所がマジJAPだわ
38:2014/05/19(月) 02:40:27.75 ID:
>>35
士官を最優先に守るのは当然だろう
士官が死ねば生存する確率も下がるぞ
39:2014/05/19(月) 02:48:40.04 ID:
>>38
>訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)


士官守って生存確率上がってこれか?
36:2014/05/19(月) 02:38:23.03 ID:
高山病と雪山の低気圧の怖さよ
37:2014/05/19(月) 02:39:08.13 ID:
極限状況すぎるわ…
40:2014/05/19(月) 02:55:02.32 ID:
そうなんじゃない?
41:2014/05/19(月) 02:57:24.33 ID:
寝れなくなったどうしてくれる
42:2014/05/19(月) 02:57:41.90 ID:
誰が撮ったの
43:2014/05/19(月) 02:59:20.19 ID:
自分から川に飛び込むやつとか出始めるんだよな
44:2014/05/19(月) 03:00:47.98 ID:
極限の環境下で発狂する軍人
no title

47:2014/05/19(月) 03:02:51.32 ID:
>>44と同じの貼っちゃったごめんね
52:2014/05/19(月) 03:08:52.19 ID:
うんぴ
53:2014/05/19(月) 03:09:00.74 ID:
どっちみち答えになってねえ
56:2014/05/19(月) 03:10:43.12 ID:
話題をふったのは軍人でも何でもねーお前だろ
断片的に取り上げて嘲笑だけするために
59:2014/05/19(月) 03:13:05.95 ID:
1は極度の低温下に居たことで脳に深刻な障害を負ってしまったのだろう
我々にできるのはそっとこのスレを閉じることだけだ
63:2014/05/19(月) 03:16:18.15 ID:
この事件の資料館があるらしいな。
64:2014/05/19(月) 03:16:28.25 ID:
すごい展開だなwwwww
 
79:2014/05/19(月) 03:32:25.07 ID:
なんで最近、負けそうになるとすぐ必死するやつばっかなの・・・?
いや、必死するから負けなのか・・・
あっ・・・(察し)
83:2014/05/19(月) 03:33:21.06 ID:
軽装で雪山に行く奴は是非これを見てから行って欲しいものだ
ここで戦っている奴らは、お山の大将の怨霊とでも戦っているのか?
84:2014/05/19(月) 03:33:33.01 ID:
ここまで惨めな醜態晒してると
どんな育てられ方したらこう成れるのか教えて欲しいレベル
87:2014/05/19(月) 03:36:06.33 ID:
雪山じゃなくても、山はちゃんと用意していかなきゃいけないよね
Tシャツ短パンで遭難なんてよくニュース見るけど何やってんだよって思う
89:2014/05/19(月) 03:37:13.53 ID:
>>87
だね。あと多目の食料か
93:2014/05/19(月) 03:41:25.53 ID:
八甲田山の怖い話読みたかったのに知らんおっさんがたのきたない喧嘩見せられるとは…
96:2014/05/19(月) 03:44:35.48 ID:
>>93
八甲田雪中行軍遭難事件よりこのスレの方が怖いかもしれん
95:2014/05/19(月) 03:44:30.48 ID:
wikiの記事はなかなか読み応えあるな
97:2014/05/19(月) 03:44:47.20 ID:
なんで大昔の事件を引き合いに出してるのかと思ったが幽霊の仕業ってことかよ
んなわけねえだろ
鍵のかかってる誰もいないはずの密室に誰かいるって可能性のほうがよっぽど怖いわ
103:2014/05/19(月) 03:50:46.22 ID:
家から八甲田山が見えるお
近所に駒込川もあるお(^ω^)
108:2014/05/19(月) 03:53:10.08 ID:
>>103
今から行ってもいい?
104:2014/05/19(月) 03:52:13.04 ID:
八甲田山絡みの怪談なら新耳袋のが有名だよな
105:2014/05/19(月) 03:52:19.91 ID:
生きて奴はゴム長靴履いてました。
109:2014/05/19(月) 03:59:10.01 ID:
なんだっけ
発狂して川に飛び込めば街に行けるとか言って
川に飛び込んで死んだり
木に切りかかったりしたんだっけ
111:2014/05/19(月) 04:11:28.08 ID:
川に飛び込んだのは錯乱状態だったからだろうな
人間は限界まで行くと発狂して、見えない物まで見えるようになるらしいから
112:2014/05/19(月) 04:14:28.14 ID:
発狂する元気がある奴は生き延びる可能性もあっただろうに
物言えぬまま隊から置き去りにされてそのまま死んでった人が悲惨すぎる
113:2014/05/19(月) 04:17:05.63 ID:
低体温症になると
判断力が低下して幻覚を見るらしい
114:2014/05/19(月) 04:17:35.04 ID:
裸になったとか川に飛び込んだとかは矛盾脱衣っていうやつな

矛盾脱衣

恒温動物である人間は、あまりに寒い環境下に長時間いると、体温の熱量は外気に奪われ、その結果体温が下がる。体温
が一定以下に下がると、体は生命の維持のためにそれ以上の体温低下を阻止しようとして、熱生産性を高め、皮膚血管収
縮によって熱放散を抑制することにより、体内から温めようとする働きが強まる。このとき、体内の温度と外部の気温(体感温
度)との間で温度差が生じると、極寒の環境下にもかかわらず、まるで暑い場所にいるかのような錯覚に陥り、衣服を脱いで
しまうといわれる。

法医学では、これはアドレナリン酸化物の幻覚作用によるとも、体温調節中枢の麻痺による異常代謝によるとも説明している。
115:2014/05/19(月) 04:21:22.89 ID:
>>114
暑いと思ってしまうのか。納得
人間はどの程度の極限状態で狂ってしまうんだろうか

昔の有無を言わせぬ風習とか厳格な規則とはいえ死んだ奴らは可哀想だ


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1400433229/ 


0しまむらくん3

八甲田山雪中行軍遭難事件は日本軍が近い未来にロシアと戦争になると考え
極寒の行軍を想定して、真冬の青森県の山中を行軍して踏破する訓練でした。


 

遭難するのは青森隊です。
そして遭難するまでの主な経緯は次のとおりです。

1日目
早朝に出発するも既に八甲田山は深い雪に閉ざされており、
出発の際に現地住民から
『行軍訓練は止めておいた方が安全』
と言われるのを押し切って行軍開始。

午前中は雪が深いだけだったが午後から雪が降り出し、夕刻には猛吹雪になる。
これ以上は危険ではないかと部隊長らが相談するが、
『強行出発した手前、おめおめ帰るのはみっともない』
というメンツがあって、行軍続行を決定。
(結果的にココで止めておけば遭難しなかった)

午後8時にビバーク。
2~3mもの深い雪で吹雪もあってテントも張れず、やむなく雪を掘って雪濠作り。
5m四方の雪の壁に囲まれた窪みを作って、そのなかで立ったままビバークすることに。
食事の準備に入るも地面が雪で凍っていて火が起こせず、ご飯を炊けない状態。
数時間かかって生煮えの米が出来ただけでロクな食事が出来なかった。


2日目
猛吹雪のなか部隊の兵士らが低体温症になってしまい、各部隊から凍傷が続出。
部隊長らは遭難を恐れて行軍を中止して帰ることに決定する。
・・しかしこのとき既に手遅れであった。

凍死を恐れて真っ暗闇の午前2時に出発。
しかし猛吹雪で真っ暗闇と視界ゼロ、しかも一面銀世界で目印が無く、行き場を失う。
当然ながら道を間違えて沢に迷い込み、渓谷にぶち当たって部隊が動けなくなる。
ココで部隊は道が分からなくなってしまい、道を探しながら進むことになってしまう。
そんな状況で彷徨いながら雪を掻き分けて進んだが、またしても道を間違える。
(本来の道とは全く見当違いの道を行ったりきたりしていた。)

a0118696_14554518


結局、猛吹雪のなか雪を掻き分け、手探りでグネグネ行ったり来たりして彷徨い14時間。
午後6時に2日目のビバーク。
今回は雪濠を掘ろうにもスコップを持っていた兵士が途中で凍死して行方不明になってしまい
雪濠を掘ることも出来なかったので吹きさらしのなか立ってビバークすることに。


no title

猛吹雪の中で直立不動、しかもロクに食事もしないで長時間歩き続けて体力も消耗。
こんな状況で体が持つはずも無く、ビバーク中に多くの兵士が凍死してしまう。
(このビバーク中の凍死が一番多く、後の捜索で一番多く死体が転がっていた。)
この2日目のビバークまでに70人以上の兵士が凍死。


3日目
2日目と同様に真っ暗闇の午前3時に出発。
しかし2日目と同じことで猛吹雪で真っ暗闇のなか、雪を掻き分けての行軍。
言うまでも無く2日目と同じことの繰り返しで再び沢に迷い込んで崖にハマる。
引き返して道を探すも再び谷間にハマって行き場を失ってしまい、部隊は動けなくなる。

ココで部隊長らがブチキレてしまい、猛吹雪の真っ只中で各部隊の解散を命令
兵士各自に自分で山を降りて青森市に帰れという命令は半ばヤケクソでブン投げであり、
このブン投げたも同然の命令で兵士たちはキレてしまい、発狂者が続出。
軍服を脱ぎ出す者、川に飛び込む者、その辺を走り出して雪に飛び込む者が続出し
当然ながらこんな無謀なことをしたために次々に凍死してしまう。
これをもって雪中行軍は事実上の中止で部隊は崩壊、大半の兵士が凍死して行軍終了。




0しまむらくん7

・・この状況のなか、正気で体力が残っていた僅かな将兵が何とか生き延びました。
最終的に八甲田山雪中行軍はスタート時の210人のなか生存者は僅か11人。
199人が遭難で凍死してしまい、世界最大級の遭難事件として歴史に残っています。