no title

 
 
 
1:2007/02/27(火) 23:49:03 ID:
多少小説らしきものを書いているんだが、主人公になりやすい人物
が浮かんでこない……
3:2007/02/28(水) 20:40:50 ID:
>>1
具体的に、どの時代でどの地域を書きたいのか挙げてもらうといいのだが

30年戦争とか南北戦争は、日本だとマイナーだが
漫画チックな展開もあって小説にすると面白いかもね

個人的には30年戦争ならグスタフ・アドルフよりはヴァレンシュタイン
南北戦争なら南軍のジャクソンとかジョンストンとか面白いと思う

てかこの3人の物語なら俺が読みたいw
25:2007/03/10(土) 16:03:57 ID:
>>1立て逃げでなくて見てたら参考までに。
売るために書いてるんなら、多少史実とズレてるとのバッシングは受けてもメジャーな奴を選べ。
知名度を利用しろ。
マイナーな国で短編やりたいというと、かなりの作者の力量が必要になる。
帯に入れられるキャッチでわからなければ、誰も手に取られない。
一冊くらい本屋で出回ってる程度の認知度、というが1ががんばって売れてジャンル開拓すれば
その人物関係のものは柳の下のドジョウ狙いでたくさん出る。
というわけで、がんばって開拓してくれ
57:2008/07/23(水) 13:16:01 ID:
>>1
自分が歴史上の人物になれ
80:2009/10/16(金) 01:50:22 ID:
>>1
保科正之(徳川家光の唯一の異母弟)
はどうでしょう?2代将軍徳川秀忠の御落胤で
なんども秀忠の御台所お江代の方に母子共々、始末されそうになりましたが
周りの人間の手厚い保護で幼くしと4代将軍になった家綱の側近でした
とても優しい人格者で来年の大河ドラマが竜馬に決まるまで保科正之と競ってたというウワサもあります。
私も記述を読んで
保科正之の人格とかいろいろ好きになりましたので小説らしきものをかきたいと思っています
>>1さん頑張って下さい
長文駄文大変失礼いたしました
2:2007/02/28(水) 05:52:25 ID:
坂本竜馬
5:2007/02/28(水) 21:20:23 ID:
まず、基本的にマイナーな人物であることだな。次に最初は短編から初めて
長編につなげていきたいんで、一戦場で大きな戦いがあることが第一条件だな。
6:2007/02/28(水) 21:32:36 ID:
>基本的にマイナーな人物であることだな。

洋の東西は問わないのかい?
7:2007/02/28(水) 21:41:01 ID:
それも洋の東西を問わず、できるならマイナーな国がいい。ただ史料が
まったくないほどマイナーな人物は手におえないから駄目。一冊でいい
からその人物を取り扱った本が書店で出回ってるくらいがいいだろう。
8:2007/02/28(水) 22:08:11 ID:
条件が結構厳しいなw

個人的には義和団の乱あたりの時代がお薦め
11:2007/03/02(金) 13:07:23 ID:
このさいトロツキー
12:2007/03/02(金) 15:45:32 ID:
シャクシャイン
13:2007/03/02(金) 15:46:38 ID:
モンケ=ハン
14:2007/03/03(土) 08:17:49 ID:
儂で良いではないか!
15:2007/03/03(土) 12:50:37 ID:
司馬がもう書いてるし
16:2007/03/04(日) 02:06:54 ID:
司馬が書こうがいいじゃないか。
駄目なら木曽四天王辺りはどうじゃ?
17:2007/03/04(日) 19:25:15 ID:
馬場美濃守なんてどうかな?
18:2007/03/04(日) 21:00:42 ID:
内藤修理
19:2007/03/06(火) 09:42:24 ID:
一行書き込みはよせ
いかにその人物が小説の題材になりそうであるかを書き込むんだ!
20:2007/03/06(火) 15:45:59 ID:
バイバルスを扱った小説が少ないのが意外。
日本で言えば豊臣秀吉並みに激動の生涯おくったひとなのに。
21:2007/03/06(火) 16:07:25 ID:
ナーディル・シャーの配下だったが彼が死んだあと独立して
アフガニスタンを中心に勢力を広めたドゥッラーニー朝のアフマド・シャー・ドゥッラーニー
現アフガンの国旗の意匠にもなっている麦の穂の冠をかぶって即位
ムガール、マラータ同盟、シク教らと戦い、略奪を続けた
有名な戦いは第三次パーニーパットの戦い
八万のマラータ同盟軍を粉砕した

ナーディル・シャー死後のイランで、わずか200名の手勢から
知略・外交戦を続けて半統一をなしとげたザンド朝のカリーム・ハーン
箔付けにサファヴィー朝の王族を担ぎ出したり、
アーガー・モハンマドを自分の宮廷に置いてガージャール族の力をそいだりとなかなかの戦略家
ヨーロッパ勢力と通商したり、彼の治政でイランはわずかな期間だが平和を回復した

カリーム・ハーンの死後脱出して本拠地に戻り、ザンド朝を滅ぼすガージャール朝の
「去勢された王」アーガー・モハンマド
復讐心が強く残忍で捕えた敵をできるだけゆっくり殺したりする
最後は近習に殺された


この辺でひとつ

アフマド・シャー・ドゥッラーニーあたりは資料の量的にも無理がないし
わかりやすい軍事英雄なのでオススメ
パシュトゥーン語の詩を作ったり、民には父と慕われていたりと人格的にも十分
22:2007/03/06(火) 19:46:27 ID:
誰か此処に出た人物で小説書いてくれれば面白そうなんだが。
23:2007/03/06(火) 21:32:57 ID:
源為朝。保元の乱の人物。

小説というより、少年ジャンプかアニメ向きかも。
悪すぎて九州に行かされたが、15歳であっさりボスになりあがる。
弓を素手で止め、四人張りのでかい弓を使う。
18の時はなんと清盛に勝っている。
どっかの離れ小島で現地人ともフレンドリーに接してた。
馬琴だったか「椿説弓張月」というのに為朝を書いてるけど、
史実の方が面白いと思う。

24:2007/03/08(木) 00:26:35 ID:
スレ主さんはもう来ないのかね。
27:2007/05/08(火) 18:25:30 ID:
田代
28:2007/05/09(水) 00:06:26 ID:
「義経御前」
男色家の頼朝は美しい実の弟を争いから護る為、木曾義仲の姪を招き、仮初の夫婦とし
て身柄を入れ替えた。弟は「静御前」となり身を清めていったが、呼び寄せた女は「義経」
の名を得て超戦略家として武勲を重ねた。身の危険を感じた頼朝は事実を隠蔽する為
「義経追討」の下致を発したが、女は恋人の「金売り吉次」や父親の「弁慶」と北国へ逃亡。
女の武器で関所を越え平泉氏の庇護を得たが、朝廷側の急襲を受け衣川から海を渡っ
て異国に...民草は「巴御前」の伝説で女の悲哀を後に伝えた。
29:2007/05/09(水) 00:34:53 ID:
蒲生郷里

豊臣軍ナンバー3なのになかなか…
30:2007/05/09(水) 00:44:47 ID:
がもうさとさと?
31:2007/05/09(水) 19:42:53 ID:
蒲生氏郷だな。実にアホだ
32:2007/05/11(金) 10:27:50 ID:
むしろ蒲生郷舎
33:2007/05/16(水) 22:34:17 ID:
ムハンマドアリー
35:2007/05/16(水) 23:07:06 ID:
「カノッサの屈辱」のハインリヒ4世
「玉座最初の近代人」のフリードリヒ2世
「中世最後の騎士」のマクシミリアン1世
36:2007/05/16(水) 23:12:50 ID:
フリードリヒ大王は啓蒙君主だと言われるが
実際やってることは、どうよ?とは昔思った事がある
37:2007/05/16(水) 23:20:32 ID:
35のフリードリヒ2世は大王のほうじゃなくて神聖ローマ帝国のほうじゃね

カール10世とかトルステンソンなんかもよさそうだな
38:2007/05/16(水) 23:22:13 ID:
ちなみにフリードリヒ2世は
シュタウフェン家のとホーエンツォレルン家のがおりますが
「玉座最初の近代人」はシュタウフェン家の方です
39:2007/05/17(木) 00:15:01 ID:
多いなー・・・フリードリヒ2世
40:2007/05/17(木) 01:09:57 ID:
漢の哀帝
41:2007/05/18(金) 22:04:20 ID:
ケマル・アタテュルク

いやマジな話、この人が題材の娯楽小説ってなぜ無いんだ。

42:2007/05/18(金) 23:39:17 ID:
恐らく誰も書店で手に取らないと思われるから
43:2007/05/24(木) 18:03:26 ID:
山崎烝しかいないww
44:2007/05/30(水) 09:39:19 ID:
死後に煮られたトマス・アクィナス
45:2007/05/31(木) 00:22:44 ID:
龍造寺家兼を書いてくれ。
小説があったら教えてくれ。
46:2007/05/31(木) 02:52:15 ID:
超マイナーだけど五胡十六国時代の慕容垂。
あの人以上の波乱万丈は滅多にいないはずw
47:2007/05/31(木) 04:17:24 ID:
チリのマプーチェ族の英雄ラウタロ
確かこの人を題材にした小説でチリ人がノーベル賞取ってた
48:2007/05/31(木) 13:52:55 ID:
陸奥宗光は?
49:2007/05/31(木) 18:57:58 ID:
シャクシャインをダイナミックプロの挿絵で。
50:2007/06/01(金) 14:20:37 ID:
ロベスピエールまだ?
51:2007/06/05(火) 12:29:05 ID:
ハンニバルを扱った日本発の小説って実は一冊もなくね
59:2008/07/31(木) 01:08:25 ID:
>>51
眉村卓の小説
確か子供の頃にみた記憶が…
52:2007/06/06(水) 21:46:35 ID:
塩野の「ハンニバル戦記」では駄目かね?
53:2007/06/29(金) 02:54:15 ID:
つ『ハンニバル異聞 上・下巻』
54:2007/07/26(木) 15:01:48 ID:
オランダ独立戦争のマウリッツなんかどうでしょ?
軍事革命と呼ばれる徹底したマニュアル化で軍隊を統率して
圧倒的なスペインと戦いオランダ独立に貢献したマウリッツと
彼の参謀である天才ステヴィン
とくにステヴィンは会計係で小数点を発明したり、
船に帆をつけた車を作ったり、
小船に爆弾つめてスペイン軍のど真ん中で爆発させたり
水圧を計算してオランダの堰を切ってスペイン軍を大洪水で押し流したり…

マウリッツは血の粛清という独立のために手を汚す栄冠と暗さを持つ男、
ステヴィンは技術屋的な眼鏡男子って感じで
55:2007/08/07(火) 01:45:08 ID:
安国寺恵瓊
信長の没落、その後の秀吉の台頭を予見した凄腕の情勢分析でありながら
関が原で仲が良かったとは言え西軍に加わり処刑されたあたりが興味深い
56:2007/09/11(火) 22:39:51 ID:
初代 松平太郎左衛門

一説によれば時宗の遊行僧として三河国に訪れて
松平家に婿入りしたというが、そのへんのくだりを
小説にしたら面白いんではないかと
58:2008/07/30(水) 19:40:39 ID:
↑それができれば苦労せんわい。
60:2008/07/31(木) 17:17:59 ID:
山田仁左衛門長政
61:2008/08/01(金) 12:14:21 ID:
いいすれ
62:2008/09/22(月) 01:45:32 ID:
明智光秀。死なずに家康をパトロンにつけて関ヶ原で坊さんとして戦
した説があるから、光秀の死後その坊さんになった話書けば面白い
65:2008/10/20(月) 18:30:34 ID:
>>62
南光坊天海の仮説がもうあるじゃないか
個人的に中国後漢の劉秀が読みたい
63:2008/10/17(金) 11:31:56 ID:
スウェーデン国王のカール12世。
18歳の少年王でありながら軍事の天才で、隣国の大軍を次々と撃破した。
最後は悲運だったし、マイナーだし。小説的にいいと思うが・・・。
64:2008/10/20(月) 09:27:57 ID:
星野仙一は?
66:2008/10/22(水) 03:49:39 ID:
おすすめの中国人二名紹介します。
(比較的時代も新しいので調べやすいかも)

・洪秀全(1812-1864)
ご存じ太平天国の乱の首謀者。約四千万人もの死者を出す。

・張献忠(1606-1647)
明朝末の農民反乱者。四川省をほぼ壊滅状態にした虐殺王。
68:2008/10/27(月) 21:19:56 ID:
>>66
洪秀全より石達開主役のほうがいい話ができそうだ
67:2008/10/22(水) 21:17:18 ID:
既に挙げられているが、俺も龍造寺家兼は面白いと思う。

一族郎党を、自分と孫の隆信(当時、寺に預けられてた)意外は殺されたが、見事に仇討ちを果たした。90歳こえてるのに。
69:2008/11/09(日) 02:07:15 ID:
天海は最近芦名説が有力になり始めたから無理じゃないかな?
そういえば昔落ちぶれた田中がカールの事を褒めていたな。
西洋ならテオドロス・ラスカリスなんかどう?
日本なら伊勢宗瑞(そういえば偶然だけれど、もう一人有名な
宗瑞さんが戦国時代にいたね)。
テオドロスは滅亡の瀬戸際に追い込まれたビサンツ帝国を半ば
再興させた皇帝(チンギス4で初めてしった)
伊勢(早雲)は何故か知らんが小説家されてないからいいと思う。
正直国取りはインチキだとしても、幕府官僚>今川家重臣>戦国
大名という感じで出世していった彼の生涯は十分波乱万丈すぎる
と思うのだけれどね。
70:2008/11/09(日) 02:17:24 ID:
ごめん早雲は司馬先生が小説化していたのね・・すまん。
(まあ素浪人を元に書かれているみたいだけれど)
71:2008/11/10(月) 00:19:57 ID:
李自成…微妙かな?
72:2009/06/27(土) 20:58:20 ID:
クロムウェル
73:2009/06/30(火) 20:57:16 ID:
シャクシャインの乱
歴史は結構わかりやすいが、まだ小説などがなく、新鮮な話題かと。

コシャマインと共に取り上げると、
大河ドラマ炎立つばりのアイヌの歴史で、感動するかも?
75:2009/07/26(日) 16:03:34 ID:
もりよし 親王
76:2009/07/27(月) 09:00:04 ID:
尾崎行雄の小説はないのかな?
77:2009/10/03(土) 01:23:19 ID:
岸信介

満州建設、大東亜戦争、占領期、朝鮮戦争、安保闘争・・・

昭和史を描こうとすれば、岸の一生を描けばよい。
78:2009/10/04(日) 13:23:50 ID:
おれの歴史小説
「濃姫」超短編
http://ssstory.net/ssstory/story_day/index.php?search_data=20090623203624322&page_num=1&anthology_name=an20090910005907&poetname=%A4%D8%A4%B2%A4%BE&count=21
79:2009/10/06(火) 01:08:32 ID:
ぶれつてんのー。
怖すぎ
82:2009/11/11(水) 00:44:51 ID:
天武天皇
83:2009/11/17(火) 01:18:49 ID:
中江4兄弟
戦前の朝鮮半島の百貨店王
近江商人
三中井で検索
84:2009/11/20(金) 21:29:36 ID:
信長に仕えていた黒人が本能寺後生きていて、西国で奮戦
85:2009/11/22(日) 02:24:14 ID:
エパメイノンダスはどうよ。

むかーしむかしに矢野龍渓が「経国美談」でとりあげて当時の日本では彼を知らない人はいないというほど流行った。
あと、今は佐野量幸ってひとが「ギリシャ三国志」って本を自費出版でだしてる。

「経国美談」にせよ「ギリシャ三国志」にせよ諸葛亮的位置づけだね。
確かに西洋の諸葛亮と言える人物だと思うよ。
87:2009/11/22(日) 10:54:17 ID:
あ、ちなみにギリシャ三国志は非常に三国志に似ている。
スパルタは魏、アテネは呉、テーベは蜀と思えばぴったりくる。
テーベが圧倒的劣勢な中、アテネと連合してスパルタをエパメイノンダス(おもいっきり孔明ポジション)
指揮下のもとレウクトラにて破るのは赤壁の戦いに似ている。
神算鬼謀のエパメイノンダスによる4度にわたるペロポネソス遠征は諸葛亮の北伐を思わせるし、
彼との決戦を避ける天才的な軍略の持ち主でライバルのアゲシラオスは曹操や司馬仲達を合わせた観がある。
他にも魅力ある人物がたくさんでてくる時代でもある。
曹操と董卓を合わせたようなリュサンドロスや周楡や陸遜を思わせるカブリアスにイフィクラテス、頭の良い呂布wを思わせるアルキビアデスなどが活躍した。
おまけに文化面ではソクラテス、プラトン、アリストテレスが出現した時代でもあり、彼らの視点からこの時代をみるのもいい。
これらを全部網羅して語れる人は間違いなく一大叙事詩を書ける人と言えるだろう。
89:2009/12/08(火) 17:32:52 ID:
淮南王劉安
法典は君主を縛るためのものと言う思想を軸に、その死は讒言によるものだったとして。

延岑
多少美化して「死中に生を求むるのみ」の時に死んだ事にするとベスト。

李善
奴隷であった所を鍾離意に推挙され、光武帝に太子舎人に命ぜられ、後に日南太守となるという道のりを、明帝の人生と共に。
90:2010/02/22(月) 17:16:39 ID:
山本常朝の「葉隠」(武士としての心得について見解を「武士道」という用語で説明した記録)

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」
91:2011/05/30(月) 15:04:13.82 ID:
>秀忠の御台所お江代の方に母子共々、始末されそうになりましたが

会津藩制作の小説ネタを信じてる人っているんだな
レスから一年半たってるからさすがに気づいたかな
92:2011/08/08(月) 02:31:23.86 ID:
伊庭八郎
個人的に読みたいなと
93:2011/08/17(水) 04:43:15.51 ID:
馬場美濃守
どうやって盛り上げるかだな
94:2011/08/18(木) 12:55:30.45 ID:
陶晴賢
内面描写が多くなりそう
95:2011/08/19(金) 21:15:18.71 ID:
古代の軍事と祭祀を掌握した最大豪族、大王(天皇)家になり損ねた物部氏。最後の宗家、守屋
96:2011/09/12(月) 20:12:56.59 ID:

上村彦乃丞!
バルチック艦隊を沈め、日本が完勝出来たのは…
喧嘩屋彦乃丞こと上村彦乃丞の臨機応変な独断、的確な判断によるが無ければ成し得なかった。

…しかしそれまで彦乃丞は度重なる追撃失敗等で、世論から時に叱責、罵倒不遇な時代を堪えている。

しかし最後はキチンと挽回している!
最期はここぞとばかりに抜きん出た英断を示し、遂行した。

これは現代の人々にも勇気を与える『大和魂』のお手本と言っても過言ではない。

97:2012/12/16(日) 15:28:28.68 ID:
亭主の一人や二人、養えない女は甲斐性なし。

by 天野わかの(女流職人)
106:2013/08/02(金) ID:
フリードリヒ2世
こいつうふふなのに女性遍歴がエロゲーみたいだ
109:2013/08/09(金) ID:
↑それむしろネトウヨや嫌韓厨の手段じゃん・・・ああ、カルトだって自覚はあるのねw
110:2014/01/04(土) 13:57:53.19 ID:
藤堂高虎
家康の臨終にも隣席したほど
築城の名手で永餅の起源