20140604-001011
1:2015/03/26(木) 17:14:20.05 ID:
http://jp.wsj.com/articles/SB10580876513169934209404580541152352268926
米国では健康への意識が高まるなか塩分は悪者扱いを受けている。
米疾病管理予防センター(CDCP)は減塩を
「国家の優先課題」と言っている。
同センターは塩分の摂りすぎが血圧を上昇させ、
心疾患や脳卒中をはじめと
するさまざまな疾病のリスクを高めると警告してきた。

一方で、こうした塩分悪玉説は大げさだとする懐疑派もいる。
実際、あまりに幅広く塩分を控えると、
健康を損なうリスクを高めるとの指摘もある。

減塩賛成派は米ボストンにあるブリガム・アンド・ウイメンズ病院の
心臓専門医で、心血管障害や脳卒中などについて
世界的に啓蒙活動を行う米心臓協会の代表を務める
エリオット・アントマン氏だ。
一方、カリフォルニア大学デービス校栄養学部の
非常勤講師デービッド・マッカロン氏は
過剰な減塩がかえって健康問題を引き起こす可能性があると警告する。

両者の意見をまとめてみた。

○賛成派―減塩は心臓疾患のリスクを軽減させる=アントマン氏
 すべての人は食事に含まれる塩分の量を制限すべきだ。
 理由はたった一つ。死亡リスクを減らすためだ。
 米国人は総じて塩分を摂取しすぎている。
 この点において大半の専門家や保健当局、科学機関の意見は一致する。
 高血圧の人だけでなく、糖尿病や慢性的な腎臓疾患を持っている人
 中高年、アフリカ系米国人も塩分を控えることが大事だ。
 これらの人々は米人口の約半数を占めている。

しかし残り半分は塩分の摂取量を気にしなくていいというわけではない。
肥満症の人は塩分の摂りすぎによる血圧への影響が他の人に比べて大きい。
肥満は人口の7割近くを占め、若者世代でも約3分の1に達している。
また、加齢とともに起こりがちな血圧の上昇は減塩によって著しく抑えられる。
これは重要なことだ。
米国人の9割が死ぬまでに高血圧を経験する。

朗報は、たとえ少しずつでも減塩すれば大きな違いが生まれることだ。
米国人は現在、平均で1日当たり3500ミリグラムの塩分を摂取している。
ある推計によると、これを1日400ミリグラム減らすだけで、
年間で1万5000人から3万2000人の死亡を防げる上、
医療費も年間40億ドル~70億ドル(約4800億円~8400億円)削減できる。
珍しい疾患を抱えている、もしくは医師の指示を受けているという
患者でない限り、減塩すべきだ。

からだが塩分を欲しているとの見方もある。
しかし、減塩食の習慣をつけると、
それまで食べていた食事が塩辛く感じるようになるという研究がある。
米国の食品に含まれる塩分を少しずつ段階的に減らしていけば、
消費者は薄味を好むようになるだろう。
英国では2003年から減塩プログラムに取り組んでおり、
8年間で国民の塩分摂取量が15%減り、高血圧や心臓発作、
脳卒中の件数も減ったという実績がある。
>>2以降に続く
 
3:2015/03/26(木) 17:17:15.61 ID:
○反対派―減塩は安全でないうえ実行可能でもない=マッカロン氏
米国の保健政策は国民全体に塩分摂取量を制限するよう求めている。
この政策は実行可能でもなければ安全でもない。
実行可能でないというのは、社会政策が生物機能を
打ち負かすことはできないからだ。
塩分を欲しがるのはからだが必要としているためであり、
食べ物のせいではない。
からだの大事な器官にそれぞれ適した量の血流を維持するには
特定の範囲の塩分量が必要だ。
脳はいつ、どのくらいの量の塩分が必要かを知っている。

脳が塩分欲求度を細かく管理しているという証拠は、
政府援助を受けながら長年かけて世界中で
実施された各種研究で明らかになっている。
過去5年間に45カ国以上で約20万人を対象に実施された
50を超える研究で、1日当たりの塩分摂取量は
2800ミリグラム~5000ミリグラムまで幅があり、
平均では3700ミリグラムとなることが分かった。
これは現在の米国人の1日当たり平均摂取量とほぼ一致する。

では、なぜ塩分制限が安全ではないのだろうか。
最近の研究で、減塩は多くの人に有害になりかねないことが分かった。
塩分の摂取量が少なすぎると血流が弱まる。
するとからだを守ろうとするシステムが作動し、器官への血流を管理する
血中ホルモン濃度が上昇する。
不適切な塩分摂取量が長く続けば、上昇したホルモン濃度が
循環器系の疾患を引き起こす場合がある。
また、1日当たり2800ミリグラム未満の塩分しか摂らない人は、
科学的に実証された健全な範囲内で塩分を摂取している人に比べて
循環器系疾患の発病や死亡リスクがはるかに高まることが、
数多くの医療研究で分かっている。

7 :2015/03/26(木) 17:20:01.66 ID:
減塩で恩恵を受ける人もいるが、
それは専門家と一緒に個別に判断されなければならない。
大半の米国人にとっては、減塩は単に必要ないばかりでなく、有害になり得る。

デンマークのコペンハーゲン大学の研究者たちと私は最近、
減塩による血圧への影響を調べた167の実験の公表結果を分析した。
その結果、血圧が正常である場合、減塩による目立った効果はないことが分かった。
これは全国民を対象に米国が推進する
減塩への取り組みに科学的根拠がないことを意味する。
人口の65~70%の人々の血圧は正常で、減塩したところで恩恵はないからだ。

塩分摂取量に血圧が敏感に反応する人の場合は、果物や野菜類、
乳製品を多めに摂ることで、血圧への塩分の影響を軽減させられる。
不健康になりかねない水準にまで減塩するより安全だ。

からだの欲求に応じて塩分の摂取を促す脳の作用を無視して
減塩食に慣れることが可能だという考えは今までに証明されたことはない。

英国政府はこの10年間で食品に含まれる塩分の減量に成功した。
だが、国民の塩分摂取量は過去数十年間の研究で確立された
通常の範囲内に収まっている。
換言すれば、脳の神経ネットワークが塩分摂取量を
仕切っている状況に変わりないということだ。

塩分摂取量に関する過去35年間の米国の指針は、
減塩にはリスクがほとんどないという考えにある程度基づいている。
だが実際にはかなりのリスクがあり、大半の人の血圧には恩恵がないという
生物学的根拠が研究で特定された。
健康政策は科学とともに発展しなければならない。(終)
8:2015/03/26(木) 17:21:08.12 ID:
適正な量の塩分を摂ればいいんだろ。
で、適量ってなんぼ?
9:2015/03/26(木) 17:21:17.47 ID:
外食やら加工食品で過剰に摂取してるから減塩でするんだろうが
過剰に減塩してどーすんだバカ
2:2015/03/26(木) 17:16:26.95 ID:
塩分のピリッと効いた味噌汁うめー
5:2015/03/26(木) 17:18:40.15 ID:
出汁でぼやけた所へ塩分追加で切れが増す。
10:2015/03/26(木) 17:21:33.69 ID:
塩分を摂りすぎるのがいけないんだろ
ゼロにしたら死ぬわJK
11:2015/03/26(木) 17:22:15.68 ID:
塩分ないと死んじゃうしな
12:2015/03/26(木) 17:22:17.03 ID:
知り合いに減塩醤油をダバダバかけてる奴いるわw
減塩で味が薄い気がするから多めに掛けてるらしいw
13:2015/03/26(木) 17:22:20.57 ID:
普通の量を食え
14:2015/03/26(木) 17:22:28.76 ID:
実際に、長野県人が塩分を控えるようになってから寿命が大きく伸びたし。
塩分控えめが健康に良いのはデーターで明らか。
15:2015/03/26(木) 17:23:20.17 ID:
減塩推しのせいで本物の梅干しが見つからない
16:2015/03/26(木) 17:24:32.60 ID:
長野は減塩で寿命伸びたデータあったんじゃね?
19:2015/03/26(木) 17:29:15.79 ID:
>>16
減塩ではなくタンパク質の摂取量の増加が
寿命の増加の理由だと言われている
血圧と塩分の関係も日本人の摂取量では、ほぼ否定されてる
18:2015/03/26(木) 17:25:59.28 ID:
他の成分の摂取によって塩分による害が減るのかもしれんしな
20:2015/03/26(木) 17:29:19.09 ID:
人種による塩分感受性の違いを無視してた一律の基準を信用してはいけない。
人類は塩漬けで、野菜や肉を保存する生活を、たぶん数万年続けてきたので
自然淘汰で塩分耐性が上がってるはず。

ところが、人種によってはそういう生活をあまりしてないから、
比較的耐性がある人種と、そうでない人種がある
日本人はわりと耐性がある方みたいなんだな。
22:2015/03/26(木) 17:30:59.53 ID:
多くても少なくてもダメだって事じゃないの。
急に量を変えるのも良くないと。
23:2015/03/26(木) 17:31:36.90 ID:
塩そのものが悪いんじゃなくて、塩味強めだとつい食べ過ぎちゃうからじゃないの?
25:2015/03/26(木) 17:32:40.15 ID:
大阪の給食は2gにしてるらしいから
これの成り行きによっては塩分が5gに増えるか大事な論争ですよ
26:2015/03/26(木) 17:33:58.11 ID:
外人は気にしなくていい問題じゃなにのこれ?
和食は塩が味付けに重要な位置を占めるので多くなりがち
結果、脳梗塞や高血圧など塩分による事故が多発する
30:2015/03/26(木) 17:36:57.64 ID:
とりあえず食の常識は変化しすぎるので、

「バランスの良い食事を適量摂取」してりゃ、
食論者のいうことに耳を貸す必要はない。
食に関しちゃ医者も言うこと変わりすぎるからな。
32:2015/03/26(木) 17:38:57.01 ID:
塩に限らず何でも極端なことをすれば体に悪いだろ。
うどんは1日2トン、コーヒーは1日130杯で発癌性が生じるからな。
37:2015/03/26(木) 17:41:50.36 ID:
1日3.5g程度なら減らさなくてもいいのでは?
日本人は倍以上とってるのに長寿国だし
38:2015/03/26(木) 17:41:59.50 ID:
まあ少なくとも糖尿病患者に対する炭水化物の摂取制限ほどには、
高血圧患者への塩分制限は厳しくはない。
とはいえ基本的には控えるに越したことはない
日本で暮らしてれば、めちゃくちゃ意識しない限り足りなくなることはなかろ
41:2015/03/26(木) 17:43:22.42 ID:
高血圧なんだが、塩分を摂ると足の指が冷たくなるわ
42:2015/03/26(木) 17:43:33.63 ID:
そりゃ塩分は必須だしなぁ
47:2015/03/26(木) 17:46:20.52 ID:
同じ塩分量でも食塩で摂るのと粗塩で摂るのではぜんぜん健康への影響が違う

塩分量が同じなら食卓塩でも粗塩でも殆ど変わらない。
よくある天然塩のミネラルなんてのは微量レベル(´・ω・`)
(by管理人ゼロウィン)


引用元:

871