1:2011/02/11(金) 04:35:18 ID:
三島由紀夫
白洲次郎
宮沢喜一
夏目漱石

ガッツポーズ2
13:2011/02/12(土) 04:12:36 ID:
いずれにせよ、身障者のふりをするのは>>1のような社会的地位が
一定でもあるような人はやらない。

戦争が終わったときにまともに社会復帰できなくなるから。

目が悪いふりとか病気のフリは、社会的に底辺の人間がよくやった兵役逃れ。
22:2011/02/16(水) 21:24:53 ID:
>>21
大正デモクラシーで長州藩閥を蹴り落として権力の座を掌握した東北閥+九州閥が、
対米ジハードに備えて、無知蒙昧な百姓の子を従順な戦闘マシーンに染め上げるために
学校教育やメディアやサブカルを総動員して刷り込んだ「武士道精神」のことだね。

そんなものに、>>1で挙げられたようなセレブの子息が付き合わされる筋合いはないのでは?
36:2011/02/23(水) 19:05:43.55 ID:
>>22
そういう恣意のもとに行われたんだ、武士道精神教育。先祖たどれば恐らく江戸時代には
百姓だったろうに、回想記を読むと、やたら、この精神が登場する。ヘンだなとは
思っていた。利用できるものは何でも利用したんだな。教育って凄いわ。
45:2011/02/26(土) 10:39:42.20 ID:
>>1
三島は徴兵検査合格してます。
いざ入営時に結核疑いで帰されたけど、誤診だったから延期されただけで、徴兵は逃れられてません。
50:2011/03/01(火) 17:04:04.11 ID:
>>45
それを徴兵逃れというんだよ。徴兵検査のがれは誰もできないだろ。
88:2011/10/10(月) 21:48:51.02 ID:
>>1
宮沢喜一氏の縁故による現役から離脱の話、何かの本で読んだ記憶ある。
なかなか面白い話だったが本の名前忘れた。本の名前分かる方教えて。
120:2011/10/23(日) 10:16:36.66 ID:
吉本隆、安部公房、などなど左翼系の徴兵逃れにはダンマリの>>1は偏向ねじ曲げ得意の朝日新聞のような奴だな。
128:2011/11/05(土) 20:06:43.34 ID:
>>120
反戦サヨクの徴兵拒否に何のニュースバリューもないだろ。
普段、お国のために死ぬだのなんだの勇ましいことを言ってた奴が
実際の行動では徴兵逃れってとこが笑えるんだよ。
130:2011/11/05(土) 21:05:17.02 ID:
>>128
スレ違いになるが、俺の父が旧満州在住時に同じ旧制中学で同級の奴が、
実に配属将校にゴマすりべったりで、その配属将校がゲートルを解いて靴を脱ぐ時になると
毎度信長に対する秀吉の如く、甲斐甲斐しくゲートルを解いて靴を脱がせてやってたそうだ。
そんな感じの奴が時も過ぎ、そいつは某国営放送の編集委員となり、平成元年のN○Kスペシャルでの
ホストとなった憲法特集番組で「当事の日本の上層部がもっと勇気を持ってファシズムなどに対するべきだった」
てなことをのたまっていた。日々の暮らしでそういうことを垣間見ると本当に大いに笑えるね。
2:2011/02/12(土) 02:54:09 ID:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB#.E5.BE.B4.E5.85.B5.E9.80.83.E3.82.8C

三島由紀夫の著作の「仮面の告白」には、徴兵逃れに関する記述がある。
加古川で徴兵検査を受けたのは、「田舎の隊で検査を受けた方がひよわさが
目立って採られないですむかもしれない」という父の入れ知恵であったが、
結局は合格し、召集令状を受け取ったものの風邪をこじらせて入隊検査では
ねられ帰郷した。このことが、三島にとっては生涯、コンプレックスに
なった。
3:2011/02/12(土) 02:57:03 ID:
日本人は民族的に視力がわるいのが多いからな。いくら身体壮健でも
視力0.1とかじゃ廃兵あつかいだよ
4:2011/02/12(土) 02:57:42 ID:
視力が悪いのが多いからこそ、視力0.1くらいでは、廃兵にならない。
5:2011/02/12(土) 03:00:56 ID:
徴兵を逃れた理由

三島由紀夫 ・・・ 肺結核誤診
白洲次郎 ・・・ 高齢
宮沢喜一 ・・・ 身長155cm以下だったので
夏目漱石 ・・・ 北海道に籍をうつした

三島由紀夫が一番悪質
夏目漱石は長男は徴兵のなかった時代だし
6:2011/02/12(土) 03:59:12 ID:
うちのじーちゃん(次男)もとーちゃん(長男)も視力で徴兵ハズされたんだけど。
10:2011/02/12(土) 04:08:46 ID:
>>6
弱視レベルに目が悪いのか、それとも徴兵逃れのため目が見えないふりをしただけかも↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB#.E5.BE.B4.E5.85.B5.E9.80.83.E3.82.8C

徴兵を逃れたいあまり自傷したり、病気になる為にワザと極めて不健康な生活をする、
煙草を1日3~4箱吸い急激に体重を落とす、醤油を一気飲みする、肛門付近に生肉をつけて重度の痔を装う、
【視力や聴力の低さを偽装する】など、様々な方法(いくつかは伝説とされている)を試みる者が多かった
(徴兵逃れ対策として陸軍身体検査規則が作成された)。
7:2011/02/12(土) 04:04:10 ID:
体がちいさくても(関係ない)、体力がなくても(鍛えればよい)兵士としては関係ないけど
視力が極端に悪い者と文字すら読めないか、まともな応対ができない白痴だけは前線に
とくに嫌われる
8:2011/02/12(土) 04:05:49 ID:
155cm以下は徴兵検査不合格だし、虚弱体質は丙種合格以下という規定があるよ?

視力は弱視だと不合格、0.1くらいだとメガネかけて矯正視力を上げれば甲種合格もある。

もちろん知的障害とか身障者は不合格。
9:2011/02/12(土) 04:07:48 ID:
メガネは格闘で使い物にならない、弾が当たらない、歩哨にさえならない
弾除けにさえならない愚物。よっぽど計算ができるなら会計として徴用方で
採用される程度
11:2011/02/12(土) 04:10:43 ID:
>よっぽど計算ができるなら会計として徴用方で採用される程度

あのさ、普通に、正規軍人のポストとして、主計科とか衛生(軍医)科とか
工兵科とか・・・格闘なんて基本しなくてもいい兵科はどんだけでもあるんだよ。
かなり目が悪くてメガネをかけてた親戚は甲種合格だった
12:2011/02/12(土) 04:11:07 ID:
身体壮健なのに徴兵でケられ、肩身の狭い戦後をおくった者がすくなからずいることも知ってほしい。
16:2011/02/12(土) 06:44:11 ID:
小学校とかで身体計測やってるから
18:2011/02/15(火) 14:54:16 ID:
丙種合格だと捕虜収容所とかに配置されるから生還率は高い
しかし、捕虜に訴えられて、収容所勤務の朝鮮人労務者と一緒に戦犯になる可能性あり
21:2011/02/16(水) 18:04:26 ID:
明治から大正の下層大衆を主役にした小説では
「男は戦争に取られて死ぬもの」。
23:2011/02/19(土) 06:21:17 ID:
普通のセレブの息子はちゃんと戦争に行ってるから

あの鳩山脱税宇宙人の父親ですら逃れてない
24:2011/02/19(土) 06:55:05 ID:
そもそも当時は、徴兵検査不合格だと、お見合いのもらい手も
いなかったから、日本男児として恥ずかしいことだった
だから三島由紀夫も精神を病んでああなってしまった
35:2011/02/23(水) 16:32:11.23 ID:
>>24
そんなことは一概に言えない。
うちの先祖の戦争世代に2人いるが、片や丙種合格、片や徴兵逃れ。
しかし前者は官吏になりそれなりに出世、後者は区長になり県の役職にも就いた。
もちろん普通に嫁も貰っている。農村では徴兵逃れはよくあることだったし、
むしろ馬鹿真面目に兵隊をとられる家を半公然と馬鹿にする風潮すらあった。
39:2011/02/25(金) 10:40:33.56 ID:
>>35
それは農村だからだろ。

都会で社会的地位のある人間の息子はそうはいかない。
40:2011/02/25(金) 10:41:56.37 ID:
>>35
全部戦争に負けた後、反戦社会になったから、
徴兵逃れ者にきつくない社会になったという結果論。
だって徴兵逃れして網走刑務所に入ってた共産党員がマンセーにされたわけで。
46:2011/02/26(土) 10:47:06.50 ID:
>>24
いや、逆にその当時、付き合っていた女性の家の方から結婚を申し込まれてるよ。
「仮面の告白」読みな。
51:2011/03/01(火) 17:07:08.79 ID:
>>46
だから、三島由紀夫は徴兵検査不合格じゃなくて乙種合格なんだろ。
病気のふりして召集逃れしただけで。

ちゃんと読めよ。ま、乙種のほうが甲種よりランク下だけどな。
57:2011/03/04(金) 17:57:00.85 ID:
>>51
病気のふりなんてしてないよ。実際、風邪引いて高熱があったわけだから。血液検査でも引っかかってます。

上っ面しか知らないんだね、あなたは。
63:2011/03/06(日) 01:45:58.39 ID:
>>57
高熱くらいで兵役免除になるわけ無いだろ
熱下がったら召集だよ
72:2011/03/07(月) 21:41:49.94 ID:
>>63
高熱とラッセル音と血液検査で結核疑いだよ。
当時結核は怖れられていて一人でも怪しい人ははねられたのを知らないの?よくそれで日本の歴史板来れるね。
119:2011/10/23(日) 10:05:50.44 ID:
>>63
結核を疑われたから帰郷になったわけ。実際に三島は小学校のとき肺病を患い病気がちだった。
59:2011/03/04(金) 18:04:39.53 ID:
>>51
だから召集のときに引っかかっただけで逃れたわけじゃない。実際、「延期」だから、免除されてません。
118:2011/10/23(日) 09:57:45.14 ID:
>>51
召集されてるよ。徴兵検査は合格してるから。
帰郷になったのは入営のときの健康診断で引っかかったため。
実際に高熱があり、血液検査ではねられた。

しかも三島は、安全な幹部候補生になれたのに、一兵で徴兵されることを選んでいたから、徴兵逃れどころか
自ら死への道へ進んでいたので、あなたはまるで認識不足、三島研究不足の頓珍漢だと言えましょう。
121:2011/10/23(日) 21:31:46.06 ID:
>>118
幹部候補生より、一兵卒の方が安全と勘違いしていたようだが。
125:2011/10/26(水) 10:01:27.60 ID:
>>121
三島がそんな勘違いするわけないでしょう。
その頃三島は夭折に憧れて、どうせ戦死するなら一兵でいいと決めたんだよ。
150:2012/01/21(土) 21:43:54.50 ID:
>>118
>>121
幹部候補生は、甲種合格者だけ対象だから、乙種合格の三島由紀夫は
幹部候補生になれないよ。

あと幹部候補生(徴兵時の士官任官)は、別に安全ではない。
徴兵期間も士官のほうが長いし。ただケガや病気をした場合に、
士官のほうがいい病室に入れるし、良い治療を受けられるので、
ケガをした場合は助かる確率が高い。
162:2012/08/13(月) 02:07:34.83 ID:
>>150
村山富市軍曹も甲種だったのか?
あの人は乙種か乙幹のどっちかだったはずだが
25:2011/02/19(土) 06:58:08 ID:
昭和20年当時

当時の大学生・大学卒業者比率 全体の1%
特攻の大学生・大学卒業者比率 全体の30%

↑エリートであればあるほど、周囲の要求も高くて、
自殺攻撃をした人の割合も低学歴の30倍だった。
96:2011/10/15(土) 19:25:26.61 ID:
>>25
学歴との関連性を言いたいなら、
兵士全般じゃなくて、飛行機操縦士全体の大学生、大卒率と比べないといけないんじゃない?
人間魚雷の方は比べるいいカテゴリがないが。
27:2011/02/19(土) 18:57:59 ID:
俺の父親が徴兵忌避者!

赤紙に苗字は自分で、名前が隣の同年代の人になっていた。
逮捕されても良いからと憲兵が来るのを待っていたが何もお咎めは無かった!

名簿から書き写す人が1行間違えたらしい。権力側にしても神聖なる赤紙が
まったりといい加減に作られていることがバレると困るらしい。

招集先は久留米工兵隊で、逝っていたら確実に死んでいたそうだ。
30:2011/02/20(日) 08:50:52.05 ID:
>>27
書き間違えた人は、報復+口封じのために人間爆弾として突撃させられたんだろうね。
33:2011/02/23(水) 15:01:50.80 ID:
>>27

戦後になってから、自分は最初から反戦思想だったなどと言い出すタイプの人だね。
行政側の書類ミスでラッキーだったたけじゃん。
28:2011/02/20(日) 02:40:39.55 ID:
天皇の軍隊として天皇のために死ぬ。

我が国でも可愛いあの娘のためでも
ないぞ。
29:2011/02/20(日) 02:42:07.52 ID:
個人なんか存在しない時代だ。
32:2011/02/20(日) 19:38:59.10 ID:
天皇陛下ばんざ~いというのはある種の掛け声、景気づけみたいなもんで、ほとんどの兵は何か理由をつけたとしても天皇のためってのを第一に持ってくることはなかった。
34:2011/02/23(水) 16:14:05.26 ID:
>>32
建て前な。本音を言うと殴られる。
42:2011/02/25(金) 14:09:50.38 ID:
昭和初期の、甲種合格者でさえ半分から三分の一程度しか実際徴兵しなかった
時期のお話じゃないのかな?
44:2011/02/25(金) 14:48:25.26 ID:
検査で合格で徴兵されなかったヤツもけっきょくあとで「召集」されたんだっけ。
服務待機とかいうやつ
47:2011/02/27(日) 03:43:38.63 ID:
どっちにしろ三島は兵隊には行かなかったんだ。
それをラッキー、あるいはほっと一安心だと思った。
そのくせみんなが戦争なんか見向きもしなくなった時代に一人戦いだした。
要するに天邪鬼、目立ちがり屋さんなのね。
三島と同世代で、戦争に行って帰ってきた人たちは、戦後の三島の“ごっこ”を見てなんと思ってたのだろうかね?
97:2011/10/15(土) 19:30:31.22 ID:
>>47
いや、三島は本当に平和な時代は文筆業にいそしんできたが、
学生運動が盛んになって、不穏な空気に押されるように、世間に同調し始めた。
むしろ世間に同調しすぎた。
48:2011/02/27(日) 13:39:26.09 ID:
兵役税が導入され、その金で徴兵兵士たちの給与や待遇が改善されていたら
不公平感はそれなりに軽減されていたかも。
49:2011/02/27(日) 14:15:19.16 ID:
不公平感はなかったでしょ。
・軍は下層階級に教育や食を与えてくれる
・上等兵に昇進したり、勤務成績が優秀なら除隊後も色々と便益がある
・大学出の新兵を下士官が怒鳴り散らすことも可能(丸山真男のケース)
52:2011/03/01(火) 20:57:55.12 ID:
第二次大戦で真っ向から兵役を拒絶した人ってどれだけいるんだろう。
自分の確固たる意志によって堂々と。

無論単なる兵役逃れは含まない。

遠藤周作は実際に結核だったから免除になったが
そのことに相当な引け目と惨めさを感じていたらしい。
戦後になっても友人達が戦場の話を居酒屋でするのに
自分は参加できないのだと書いてる。
軍国青年とは程遠いだけに、却ってそういう意識は強まったかもしれない。
53:2011/03/01(火) 21:03:03.39 ID:
「友人達が死んでいったのに自分は生きのびてしまった」という罪責感と
「助かった」という喜びと
両者がせめぎあっているから余計苦しんだんだろうな。遠藤周作は。
54:2011/03/03(木) 19:54:31.52 ID:
確かに戦友は一生モノだし、戦争の時の記憶は強烈だから、
当時の戦争に行った世代が老人になっても戦争の話ばかり話してたらしいな。

サラリーマンとか、そういうときに一人話に加われないのは疎外感が
あるだろうな。
55:2011/03/03(木) 19:59:15.65 ID:
徴兵検査不合格の例

・身長が155cm未満で極端に低い
・強制視力が0.01以下で弱視以下
・耳が聴こえない
・知的障害者
・身体障害者(Z武さんである、屈伸ができない等)
・感染症持ち(肺結核、ハンセン病・・・)
・重病で確実に早死する、極度に虚弱体質

↑徴兵検査不合格になるのは日本人男児として恥ずかしい、よな
ダメ人間の烙印押されたようなもんだ。
56:2011/03/04(金) 06:28:18.22 ID:
三島は身長で不合格になったのか
66:2011/03/06(日) 02:05:49.45 ID:
>>56
チビで貧相な体系だったので乙種だね。
61:2011/03/05(土) 03:37:06.72 ID:
経済界からは赤紙操作で最低限しか兵隊に取られなかったと聞いたことある
64:2011/03/06(日) 01:47:55.44 ID:
>>61
徴兵年齢で経済界の重鎮になっていることは滅多にありません。
62:2011/03/05(土) 16:34:23.55 ID:
現在の徴兵逃れはニートだな。
勤労の義務、社会への貢献をしないし。
65:2011/03/06(日) 02:03:49.11 ID:
財界人を多く輩出した慶應義塾は、戦争になったら率先して日本に尽くすようにと言ってるしね。

経済界といえば、ナベツネは三島由紀夫の1年年下。
終戦間際に徴兵年齢に達し東大入学直後に、シコシコ東大に通ってる三島を尻目に
学徒出陣。軍隊経験はほとんど訓練しかうけてないのに、そのとき上官に
受けた暴行でそれだけで強烈な軍隊嫌いに。

三島由紀夫はそもそも入営して訓練受けてすらないよね。
ナベツネは三島由紀夫について「三島は軍隊を知らない」とか言ってなかったっけ?
67:2011/03/06(日) 20:22:06.06 ID:
三島が軍隊行ってたら、戦後の生き方も変わったろうね。
どういう体験になるかによるけど、まあいじめられるのは確実だろうな。
68:2011/03/07(月) 11:47:09.88 ID:
>>67
まあ、戦争で死んだかもしれんし
中帰連になって、バリバリの左翼になっていたかもしれんw

盾の会だけは作らなかっただろうな
73:2011/03/07(月) 21:47:32.33 ID:
>>68
ナベツネは左翼なの?戦争行った人が左翼になるとか、発想がバカに幼稚でアホくさ。
69:2011/03/07(月) 12:31:37.08 ID:
陰湿な内務班、上官の理不尽ビンタ、三島なら快感になるかも
74:2011/03/08(火) 05:02:15.48 ID:
ナベツネとか早坂茂三、鈴木善幸と元アカってのはけっこういる。
また特攻隊崩れでバリバリに左旋回したのも。
三島みたいな貧弱文学ボーイが戦後マッチョ右(?)になっていったのは珍しいのかな。
81:2011/09/27(火) 07:45:08.30 ID:
>>74
三島由紀夫にはネトウヨの臭がする。

2chのネトウヨも、三島由紀夫みたいな感じで、実際徴兵がきたら
なんだかんだ理屈っぽい理屈だけしてびびって徴兵逃れしそうだし。

三島由紀夫は、徴兵逃れしたコンプレックスからあんな死に方したんだが、
あの死に方だって、テレビの前で目立ってたからやっただけで、
通常の戦場の死みたいな目立たず人知れず死ぬってのは嫌だろうしな。
83:2011/09/29(木) 23:12:22.67 ID:
>>81
何を言うか!! 我々には自宅警備という崇高な任務がある。
84:2011/09/30(金) 08:09:23.60 ID:
>>81
>なんだかんだ理屈っぽい理屈だけしてびびって徴兵逃れしそう

「今の反日売国政権に捧げる命は無い!」とか言い出しそうだなw
85:2011/09/30(金) 10:51:45.74 ID:
ネトウヨが憧れる世界たとえば大日本帝国が復活したら一番いじめられるのにね。
早くから警鐘をならしていた自分たちは評論家として厚遇されるとでも
思っているのだろうか?
99:2011/10/15(土) 19:42:04.84 ID:
>>85
戦中の記録読むと、いい加減で口だけのやつが結構威張ってのさばってるけどな。
まじめで口舌よりも実行って人が早く死んでしまってる。
89:2011/10/11(火) 05:08:37.85 ID:
分家して戸主になれば徴集令状が来にくいとかいうことらしかった。農家とかだと
長男坊にはとにかく、おやじはすぐ隠居願いをだして戸主を譲り、次男坊以下には
分家させたり養子にやったりしたそうだ。そういった世故に疎い「素朴な」農家の次男
三男なんかがどんどん兵隊に取られたらしい
90:2011/10/12(水) 19:59:31.68 ID:
>>87
ミリシアって何?

>>89
長男だから、上官により特攻隊への任命を免除されたっつー話も多いよね
92:2011/10/12(水) 23:31:37.52 ID:
>>89
亡くなったうちの爺さん一人息子(妹あり)だけど、もちろん赤紙来て、トラック諸島でボカチン
食らって九死に一生得ている。日清日露の頃と違って、第二次大戦の頃は長男とか次男とか
関係なかったと言ってたよ。
93:2011/10/14(金) 00:56:12.57 ID:
昨年死んだ俺の父親(大正14年生まれ)も長男だった上に背丈が足りなかったが、
否応無く召集された。大戦末期はホント全く関係なかったみたいね。
94:2011/10/14(金) 12:21:25.23 ID:
戦前の日本は絶対に「軍国主義」などではない
軍需産業で重要な位置にいた熟練工をただの歩兵として徴兵して兵器生産に支障をきたすような国だったからな
どこの世界にこんなアホな「軍国主義」があるんだw
95:2011/10/14(金) 21:01:35.65 ID:
>>94
長州閥を叩き潰して昭和初期に政権を掌握した勢力(東北閥や佐賀閥や薩派など)が、
たまたま揃いも揃って豪傑志向の脳筋単細胞だっただけだよ。
103:2011/10/16(日) 18:03:41.75 ID:
>>94
この世界で現実にあった「アホな軍国主義」を、どこの世界にあるんだと言われてもw
100:2011/10/15(土) 21:04:19.95 ID:
そもそもネトウヨがあこがれる世界=大日本帝国ってのがどういう根拠なのかさっぱり分らん
「半島なんか植民地にして半島原人を増やした大日本帝国バカス」がネトウヨの考えだろw
101:2011/10/16(日) 01:39:15.07 ID:
それはネトウヨで一括りにするから訳ワカメになるんだよ。
102:2011/10/16(日) 14:00:13.87 ID:
「右翼」ならともかく
ネトウヨで大日本帝国を肯定してる人間なんて少数派でしょ
あとネトウヨに持ち上げられるような言動の人間がそういう思想の場合は多いけど
何もその人物を全肯定してるわけじゃないからな
104:2011/10/17(月) 11:42:48.96 ID:
大衆の軍隊なんざオランダ独立戦争以来そんなもんだ。
誰が熟練工で誰が才人であるかなんか、周囲の数人くらいしか知らない。
それが大衆社会ってもんよ。軍隊なめすぎ。
105:2011/10/17(月) 19:10:30.99 ID:
>>103
軍国主義じゃないよ
単なる政官財癒着国家
日本の自称・軍人は単なる武装した官僚
>>104
軍需産業に務めてる技師まで徴兵してただろw
108:2011/10/17(月) 19:55:47.97 ID:
この話になると英米だって別に熟練工を選んで徴兵免除なんてしてないとか他国と単純比較するアホがいるんだよな。
当時の日本の工業は熟練工の名人芸によってのみ品質水準を維持できるレベルだったのに。
マニュアル生産管理の出来てた国と一緒に出来ん。
109:2011/10/18(火) 11:11:03.85 ID:
大量生産の品質管理は世界最高レベルのマニュアル確立に成功した現代日本だが
「日本にしか作れない」高度精密品に関しては中小企業の職人によって技術水準を支えられてるのに
その中小企業の支援をまったくしない日本政府
戦前からまるで成長していないw
111:2011/10/19(水) 21:52:03.61 ID:
>>109
各種支援策はそれなりにあるだろ。共産党はその口利きで支持者を
募るのに利用してるくらいだ。

>>108
それは初耳。ドイツじゃwwⅠの無差別徴兵で生産力が落ちた
反省を踏まえ熟練工の兵役免除に腐心したと軍需大臣だったシュペーア
の回想に記されてるけど。ドイツも職人頼みの未熟な工業力だったということ?
112:2011/10/19(水) 22:46:35.93 ID:
仮説1 その通り、未熟とは言わなくても職人の領域が大きい
仮説2 それはWWⅠ時だからで実際のドイツは既に職人頼りを脱却してた
仮説3 未熟も熟練もなにも、単純に労働者が不足した
113:2011/10/19(水) 23:36:11.80 ID:
日本軍でも造船業の工員なんかは、後回しにしてたらしいけど。
航空機産業の熟練工なんかは何故か徴兵されまくった。
末期になると、もう造船がどうとか言ってられなくなったようだが。
114:2011/10/21(金) 07:49:17.11 ID:
打撃の神様とか言われてた川上哲治は特権で教官になって戦地いかなかったよ

これも徴兵逃れか?楽なとこに配置っていうのは、今の韓国の芸能人みたいな感じだな

115:2011/10/21(金) 12:02:34.04 ID:
黒澤明も父親が有名な元軍人体操教官だったから徴兵されてない。
東條推薦の映画「馬」の実質的監督だったことも関係あるかもしれない。
116:2011/10/21(金) 12:05:10.56 ID:
戸籍の筆頭になれば徴集からのがれやすいんで、成人すればどんどん分家
させるという手は昭和初期まで有効だったらしいよ。未成年でも早々に結婚させて
分家させるとか、子供のいない家の養子に出すとか。

戦争が終われば「のきなみ徴兵しやがって」「残酷なことしやがって」論が大勢を
しめたけど、戦前戦中のころまでは徴兵の義務をみな誠実にみとめていて、むしろ
戸籍を操作するかのような姑息な手段を忌避するところがあった。知ってる人は
この程度の事務処理で相当程度徴兵回避できることを知ってた。
117:2011/10/21(金) 12:15:33.90 ID:
徴兵令だと戸主・長男はひっぱらないって明記されていたはず。改正された兵役法は
なくなったけど。
124:2011/10/25(火) 02:42:19.14 ID:
三島は徴兵検査にも入隊検査にも合格しない可能性が高いと思ったらしい。
126:2011/10/26(水) 10:10:04.70 ID:
>>124
そんなあやふやな可能性に賭けるわけないでしょ。実際に合格しているんだから。

それに三島が派遣される予定の戦地は、ほぼ全員が戦死した東南アジアの島の地域で、満州じゃありません。
127:2011/10/27(木) 00:33:31.08 ID:
陸軍では幹部候補生でも何ヶ月かは二等兵を経験するんだけどな
(士官学校生は上等兵として実習)
129:2011/11/05(土) 20:39:29.92 ID:
金沢第九師団の様に、激戦が予想される戦域に常に派遣されたが
ヨミが外れて無事終戦を迎えた部隊もある。

131:2011/11/07(月) 10:54:28.32 ID:
いくら学歴が有っても、幹部候補生(俄か士官:ラクはできる)になるよりも兵卒(二等兵:苦労は多い?)のままでいる方が生存率は高かったと聞いたが?
132:2011/11/07(月) 23:51:27.66 ID:
幹候受験を拒否するとアカだと疑われて大変な目に遭う
133:2011/11/17(木) 13:17:55.39 ID:
徴兵については、このようにも考えられます。
一般の国民は戦争に行きたくないので(反戦を唱えなくても)、赤紙で招集される。
これは、考え方によって、「戦争に積極的には協力せず、消極的態度」
一方、学歴があって、戦争にいくのが嫌な奴は、赤紙で招集される前に、
自分の持っている知識、技能によってその戦争に積極的に協力する。
しかし、戦後は、彼等は、「徴兵されなかった」という経験をもち、
いわゆる民主主義派となり、「革新勢力」に協力した(主導した)。
このような「戦争への積極的な協力による兵役逃れ」は、戦後、大学の
教員になった研究者たちに多く見られます。たとえば、地球科学分野とか。
134:2011/11/20(日) 12:30:16.68 ID:
戦前の右翼が戦後の左翼になったというのは良く聞く話です。
積極加担仮説はおもしろいですね。
135:2011/11/27(日) 22:24:54.09 ID:
>>134
ぱっと思いつくところでは、家永三郎もそのようですね。
兵役逃れしたかどうかは知りませんが。
136:2011/12/05(月) 08:49:32.23 ID:
戦争に行きたい奴なんて 一人もおらんよ・・・・・・・・
137:2011/12/14(水) 19:59:13.43 ID:
そんなこともないでしょ、志願兵も世界中で大勢いる
イラクで戦っている米兵もそうでしょ
米軍は貧乏人多いが、地位も名誉もある人間も、9.11以後は愛国心を刺激され
志願しイラクで戦ったんだよ
例えば、有名どころでいえば、NFLのスター、パットティルマンとかね
米軍に誤って射殺された劇的な最後を遂げた アメリカのヒーロー
139:2011/12/17(土) 02:56:56.26 ID:
パットティルマンはイラク戦争開戦前に志願したから、イラク戦争に
賛成だったわけじゃない
141:2011/12/18(日) 09:10:35.58 ID:
市民権や定職が欲しかっただけで、戦う気なんか無かったのに・・・
153:2012/02/28(火) 21:35:25.95 ID:
俺のじいさん3回召集令状来たって言ってたんだけど3回も来ることってあるの?
157:2012/03/06(火) 10:24:38.09 ID:
>>153
沢村栄治が三度召集された話は結構有名。
164:2012/09/19(水) 22:48:30.45 ID:
>>157
松阪のじいちゃんが樺太に出征して、手榴弾の遠投記録が部隊一だったのも有名
160:2012/07/12(木) 21:11:13.35 ID:
>>153
満期除隊が2年だからな。
日中戦争・太平洋戦争と8年も大戦争やってたんだから3回来る人も多かった。
以前徴兵されている人は、言い換えると「即戦力」だから
新人よりはるかに使える。
うちの爺さんは1回だけだが、爺さんの弟が3回行ってる
その弟はシベリア抑留期間を入れると10年も軍にいた。
爺さんは昔から太ってて鈍重な人で「軍では使い物にならなかっただろうな」と
子供心に思ってたが、3回行った弟は年してもすらっとしていて俊敏な人だった。
5年前に長寿を全うされました。
154:2012/02/29(水) 14:15:59.23 ID:
最初が徴兵令状
その後二回が再召集じゃね
156:2012/03/06(火) 09:38:07.21 ID:
角栄は仮病使って戦地から逃げ帰ったっていう説がある
161:2012/08/05(日) 15:15:07.72 ID:
うちのじいさんは、戦前から外航船員だったから
開戦後は海軍軍属に。
徴兵検査受けたかどうかは不明。

船ごと海軍に徴用なったから、食事が格段によくなったと言っていた。
海南島付近で敵潜水艦に撃沈されるも、漂流後海軍に助けられて戦後も船員に復活。
165:2012/11/17(土) 10:49:25.20 ID:
本田宗一郎は?色弱とかほんとかよ、、
167:2013/01/28(月) 18:57:44.72 ID:
徴兵じゃないが、徳富蘇峰はまじ最悪だぞ。

散々国民に死ね、死ね、「護国の神」になれ、
と『必勝国民読本』とかで煽りまくりながら
敗戦後、さすがにみかねた人が覚悟の自決を勧めたら
「余は三叉神経痛なので自決に失敗するかもしれない。
そうなったら見苦しい。だから自決はしない」だとさ。

誰かに介錯してもらえば済むことだろ。
168:2013/01/28(月) 19:05:30.72 ID:
日中戦争の時文部大臣で同じく
「死ね、死ね」と少国民を洗脳した内大臣木戸幸一。

こいつ、自分の息子の徴兵逃れを東條英機に依頼しているんだよな。
成功したようで木戸の息子は兵役を免れた。
受ける東條も東條だわ。
169:2013/02/08(金) 17:56:09.16 ID:
木戸、嶋田の死刑回避は謎だわ。
どちらも答弁はなかなか上手かったけどね。
171:2013/05/04(土) 04:31:59.64 ID:
部落出身だと告白している三國連太郎の徴兵逃れはすごいな。

赤紙が来る→無賃乗車で逃亡→中国とか朝鮮まで逃れる予定だったが
九州あたりで母親に出した手紙を母親が憲兵に届けたせいで捕まる→
中国最前線へ

母親が通報しなければ逃れてたんじゃないの。
母親も、三国の弟たちが嫌がらせ徴兵で最前線に行かされそうに
なるわ、で大変だったんだろうな。
172:2013/05/08(水) 07:24:41.02 ID:
家族が徴兵逃れなんかしようものなら、村八分になる。
そういう世界だったのです。
お上や憲兵が恐ろしいというより、隣近所の目のほうがよっぽど怖かったんだ。
173:2013/05/11(土) 02:13:49.47 ID:
その辺のメンタリティーは現代日本にも少なからず残ってるね
結局まだまだ村社会よ
174:2013/05/13(月) 04:50:38.69 ID:
「戦争 WARS ウソのような本当の話 命がけでも、このズッコケぶり!!」びっくりデータ 情報部 194ページより
広島部隊に所属していた松本喜太郎は、大正3年に脱走を
決行し、昭和20年の終戦で軍隊が解体されるまでの実に
31年のあいだ、当局必死の捜索にもかかわらず逃亡生活
を続けたのである。
 戦争が終わってきっと大手を振って歩いたのだろうと考えた
いところだが、用心深い彼は、さらにプラス15年間も身を
隠していたのだという。
175:2013/05/14(火) 00:09:23.66 ID:
>>174
憲兵や特高って相当しつこかったんだろうな
176:2013/05/14(火) 06:20:14.63 ID:
三國を捕まえに来た憲兵は優しかったそうな。
そして何のお咎めがあるわけでもなく、そのまま軍隊に入れられたんだと。
177:2013/05/15(水) 08:23:06.07 ID:
>>176
でも最前線送りになってるよね。嫌がらせは受けてると思う。
三國のいた部隊は、中国だが部隊の生き残りが3%らしい。
比較的安全な中国で3%って最前線だろ。

三國はマラリアになって死にかけたからその部隊から
逃れられて生き残れただけ。
178:2013/05/23(木) 23:37:22.62 ID:
家族が徴兵逃れなんかしようものなら、家族全員ラーゲリ逝きになる。
そういう世界だったのです。
祖国防衛とかファシスト粉砕というより、密告やタンクデサントのほうがよっぽど怖かったんだ。
179:2013/05/24(金) 09:01:18.35 ID:
ラーゲリ送りなんかなんないだろ。
お上はそんなことしない。
村や町内で住民からシカトされるようになっていくんだ。
生活できなくなる。村八分である。
天皇陛下万歳とか鬼畜米英とか、お上に言われて信じてそうしてるんじゃなくて、隣り近所に合わせて言ってるだけだっつうの。
で、その隣近所の主体はってなると、空気嫁という実体がハッキリしないもんだからタチが悪い。
190:2013/09/07(土) 11:46:12.13 ID:
星新一は自分の徴兵忌避を自虐的に書いてたな

・戦前の子供に本質的な軍嫌いはいないだろう
・自分は右翼左翼抜きに集団行動が大嫌い
・検査間近で病弱を装うのは難しいから数年かけて目を悪くする計画を立てる
・軍隊は鉄砲撃つ商売だろうから照準を狙う片目だけを悪くする
・暗いところで本を読んだりしてしかも成長期にやったため片目だけみるみる落ちた
・思想を疑われないために旧制中学では射撃部に所属
・目が悪いのに軍事教練の成績は優秀
・そこまでしたのになんと乙種合格
・東大理系だったため徴兵猶予のまま終戦
・浅知恵の報いか大人になってもう片方の視力も落ちてしまった
192:2013/09/14(土) 14:35:06.47 ID:
>>190
結局は徴兵猶予される当時の格差社会の勝ち組の
いい思い出だなw
194:2013/10/17(木) 11:24:27.76 ID:
>>192
星新一は、実家が金持ちだが、実家が会社経営のため、
理系に行きたいといって父親に文系にしろと反対された。

戦前は、理系より文系の方が金持ちが多い。

理系より金持ちが多かった文系は学徒出陣している。
191:2013/09/13(金) 03:39:11.45 ID:
三国廉太郎は満洲に逃げるつもりだったみたいだけど、逃げても現地の警察に追われるんじゃないの?
196:2013/10/17(木) 22:17:57.73 ID:
山口組3代目組長は戦時中はずっと刑務所だったな。
流石にわざとではないんだろうが、「幸運」だったとは思う。
197:2013/10/17(木) 22:36:14.40 ID:
山口組3代目は実際に犯罪やって投獄されたから
ある意味仕方ない。

でもさ、俺が潔癖かもしれんけど、海軍将校だった三上卓に実戦経験がない(そうだよな?)
ってのには愕然とした。いくら5・15の前科者でも出獄後に志願くらいできるだろう。
自決した野村秋介が師事していたらしいが、三上が大言壮語していただけの臆病者に見えて仕方ない。
151:2012/01/29(日) 21:57:54.33 ID:
兵役を免れた人間ほど言うことだけは勇ましい。
スタローンしかり、三島由紀夫しかり。