1:2014/02/08(土) 11:42:00.61 O ID:
日露戦争の負債は、1981年までかけて返済したと言われるが、
実際に債権の持ち主や借り換えはどのように行われてきたのだろうか?
また、日露戦争の戦時国債を借りなかった場合、
どのようなシナリオが描けたのだろうか?

返金
15:2014/02/09(日) 09:47:43.40 0 ID:
>>1
なかなかいいスレッドだ
ある意味お金の本質だよ。
今のお金はお金=借金で成り立っているのだから
昭和の戦後期だと、借金はインフレでチャラになるとの感覚で
みんな借金をしまくっていたからな
平成になって、初めて借金返済というのを真面目にやったのでは
ないかな
そうしたらデフレ経済ww
16:2014/02/09(日) 10:54:51.94 0 ID:
なんだ、>>1が自説をご披露したい為のスレか
2:2014/02/08(土) 11:44:00.38 0 ID:
国会図書館行って官報みてこい。終了。

客観的な部分なだけに、ここで討議するような問題じゃない。
3:2014/02/08(土) 11:45:43.04 O ID:
官報ではわかんないよ。
いつの官報で分かるの?
4:2014/02/08(土) 15:27:44.82 0 ID:
官報では分からないね。

「日露戦争 借金」で検索するか
これでも読んどけ

http://matome.naver.jp/odai/2136214578373977801
6:2014/02/08(土) 21:25:46.27 0 ID:
>>4
ちょっとスケールがデカすぎてよくわからん
9:2014/02/09(日) 07:50:56.76 O ID:
>>4>>6
時間スケールがでかくてわからなくするのが国債というか借金の目的の一つだからな

膨大な労働力を安く手に入れるなら雇用より貸し付け、投資より貸し付けだ。
10:2014/02/09(日) 07:58:29.53 0 ID:
>>9
てか日本はそんなに金なかったの?
台湾から搾取とかできなかったの?
11:2014/02/09(日) 08:16:24.73 O ID:
>>10
日本があと一個北海道もったとしても稼げないでしょ

アメリカがすげーのは借金負わせた上で日本人をがむしゃらに働かせてばれる前に持っていって、今や廃棄できない負債に置き換えたことだ。
12:2014/02/09(日) 08:22:57.04 0 ID:
>>11
ドイツのドーズ案みたいにアメリカが資本投下して返させてたってこと?
46:2014/02/12(水) 13:54:51.43 0 ID:
>>4
この内容は誇張が入ってるんではないかい?
日露戦争のときからこれほど物価が上昇しているのに、82年も借金を
返せないはずがない。円高になってるじゃないか。
5:2014/02/08(土) 15:40:53.73 O ID:
うーん、いまいちよくわからんね。
日露戦争の負債が巨大だったということは分かるが。実際誰が払ったの?
7:2014/02/09(日) 02:37:20.95 0 ID:
イギリスもアヘン戦争でした借金は
サッチャーでやっと返済な
39:2014/02/11(火) 17:02:58.39 0 ID:
>>7
ドイツの第一次世界大戦の時の賠償も最近払え終わったばかりだっけか
イギリスといえば第二次世界大戦の時の借金もいつごろ返済終わったの
8:2014/02/09(日) 07:27:24.85 O ID:
オリンピックが実は国対国ではない人の戦いであるように、国際関係も国対国ではない

個人だったり法人だったり銀行という枠組みが要素で国なんてのはラベルに過ぎない
14:2014/02/09(日) 09:07:56.28 O ID:
ドーズ案とかヤング案ってのはそもそも敗戦国から資金回収を主目的としていない

あれは英仏に貸し付けたカネをアメリカが回収するのが目的。だからドイツの賠償総額じゃなくて英仏独が経済的に復興することが最重要だった
17:2014/02/09(日) 12:10:28.13 0 ID:
日露戦争直後の日本政府は財政危機だったが第一次世界大戦の恩恵によって対外債務を返却出来た
18:2014/02/09(日) 12:15:27.83 P ID:
んーちょっと借金の動きってのに興味出てきた
インフラ他国に任せなかったのがエライってよく言われてるけど
その代わりに大きな借金をしたりはしてるワケで、そういった事がどれだけ日本の動きを制限してきたのか
どの時期にどれくらいの影響があったのか
19:2014/02/09(日) 15:33:09.91 0 ID:
赤字国債を発行して国民に買わせばいいじゃん。
そのお金で日露戦争の借金を返済する。
1000兆円の借金が多少増えたぐらいでは変らない。
20:2014/02/09(日) 20:49:17.26 0 ID:
っていうと詰まり戦債の完済まで日本は絞り取られてただけって事?
21:2014/02/09(日) 21:30:35.28 O ID:
完済まで絞りとられ続けてさらにそのための政策誘導がなされていたってことでしょう。
当然完済後も国富が流れるように工夫しながら
29:2014/02/10(月) 17:27:08.50 0 ID:
>>21
日本はアメリカの国債を大量に買っているから、
完済まで絞りとり続けさらにそのための政策誘導がされていることでしょう。
当然完済後も国富が流れるように工夫しながら
34:2014/02/11(火) 12:41:11.82 P ID:
>>29-31

お前らあほか、アメリカの個人の金融資産を見てみろよ
http://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjhiq.pdf

日本の保有してる100兆円程度の米国債など、アメリカ人の金融資産
63,9兆ドル、6500兆円の金融資産で余裕で回収できるんだよ

米国債は世界一安全だから世界中で買われてんだろうが
日本の長期国債なんて欧米は買わないだろ
10年後どうなってるかわからんからな、だから避難先としてすぐ現金化できる円を買う

結局政治的にも経済的にも軍事的にも技術的にもアメリカが圧倒してるから
世界中のくにが、反米国含めて米国債買いあさるわけだ
サダムフセインですら米ドルの現金もって逃げ回ってたぐらいだからな
22:2014/02/09(日) 22:03:05.86 0 ID:
返済は、国家予算の何パーセントだったさ。
23:2014/02/09(日) 22:08:04.57 O ID:
国家予算の60倍。金利は一割を超え、1930年代には三割を超えていた。

奴隷以下だな(笑)
24:2014/02/09(日) 22:35:43.05 0 ID:
1000兆円の借金なんかたいしたことないね。
もっと借金して消費税を廃止しよう。
25:2014/02/10(月) 00:25:01.26 0 ID:
ポンド建て国債の金利は1930年代中盤6-8%くらいだったが
1937年頃から急上昇して太平洋戦争前夜には34%になったが、対英戦争中は
どうなってんだろう
26:2014/02/10(月) 01:12:17.62 O ID:
なんのために日露戦争なんてしたの??

それも問題だ
27:2014/02/10(月) 03:04:21.60 0 ID:
どうせインフレで借金は自然消滅したんだろ
借り換えで金利払っていただけで
48:2014/02/12(水) 22:44:52.41 0 ID:
>>27
それが正解だな
49:2014/02/13(木) 06:59:22.80 0 ID:
>>48
大きなインフレが始まりだした昭和20までで
すでに40年も払い続けてるんですよ_?
80年という年数だけピックアップしてその苦労を表現したって意味無いってならまぁ分かるけど
7%だなんて金利も付くなか、インフレのおかげで何の負担もないしーなんて言えたのはホンと終わりの間際だけでしょ
28:2014/02/10(月) 07:24:56.39 O ID:
インフレで借金が消滅するなんてマイナーな場合だ。インフレ率より金利が大きくなきゃ誰も貸そうとはしないからな
40:2014/02/12(水) 01:17:46.32 0 ID:
ロシア側の戦費はどうなっていたんだ?
こっちも外債を発行?
41:2014/02/12(水) 05:42:09.60 0 ID:
イギリスは200%の借金だっけ
42:2014/02/12(水) 06:03:42.78 0 ID:
最高で260%でしょ
45:2014/02/12(水) 07:55:05.27 0 ID:
>>42
それ、どうやって返済したんだろ…
43:2014/02/12(水) 06:33:09.17 0 ID:
日露戦争の借金や第一次大戦の賠償金って、第二次大戦でチャラにならなかったんだな。
どんだけしつこいんだよ。
50:2014/02/13(木) 08:57:55.11 O ID:
そもそも日露戦争の債務ってポンド建だろ
インフレ効果が効いたのは変動相場制に突入してから。
そして変動相場制への移行は日露戦争の債務を解消した直後からだ。
逆を言えば、日本人が金(ゴールド)をほとんど相手に引き渡してから変動相場が認められた。
その後急激に円高となって、二度と取り返せなくなったのが悲しいが現実だ。
日本人の戦後の労働力は全部もってかれて借金まで負っている。
60:2014/02/14(金) 01:35:11.37 0 ID:
>>50
実質実効為替レートでは円は何十年も下がり続けている
ちなみに現在はプラザ合意前よりさらに安く82年当時の水準だ
日本は長い間低インフレで欧米は高インフレだから実質レートが下がっているのに
名目レートが上がって錯覚されてきただけ
90:2014/02/18(火) 21:10:50.97 0 ID:
>>60
いやそれならむしろ円高になっているような…
58:2014/02/14(金) 01:05:28.16 0 ID:
戦費
日清戦争 GDP比0.7倍
日露戦争 GDP比0.6倍
太平洋戦争 GDP比8.5倍
59:2014/02/14(金) 01:15:10.80 0 ID:
>>58
そんだけ注ぎ込んだら止めるに止められない訳だよねw
61:2014/02/14(金) 02:26:22.67 0 ID:
当初の返済計画が60年。まあまあだろ。
62:2014/02/14(金) 02:53:49.02 0 ID:
日露国債の金利っていうてたった7%だったんだ
こないだのギリシア危機のとき20%ついたってトンでもない事だったんだね
日本に勝ち目ないから、金利高く払わされたとかいって意外と良い評価もらってたんじゃない?
83:2014/02/16(日) 17:18:54.78 0 ID:
>>62
たったって今のソブリン債で7%とか完全に信用なくしてるレベルだぞ。
当時の超一流英国で2.8%台
次のフランス・ドイツで3%台
ロシア・スペイン・イタリアが4%台
日本は5%台
63:2014/02/14(金) 02:59:44.85 0 ID:
おねがいしてお金を貸してもらう。
なんとか戦争に勝った。
借金の返済で、日本が喰物にされたと激怒する。
最低だな。
64:2014/02/14(金) 03:09:24.20 0 ID:
ナチ独は賠償を一方的に踏み倒し
65:2014/02/14(金) 05:13:05.53 0 ID:
日露戦争は賠償金出なかったし
66:2014/02/14(金) 07:24:25.52 O ID:
そもそも国家予算の60倍借金して海外から軍備調達して喧嘩して戦死者相手の四倍とか、バカまるだしフルパワーだろ。

儲かる要素がひとつもねー。
67:2014/02/14(金) 07:30:18.02 0 ID:
日露戦争に負けたら朝鮮と満州はロシアの支配下だったよな
そのほうが第二次世界大戦に巻き込まれないから良かったかもな
ロシアは海を渡れないしな
68:2014/02/14(金) 07:40:15.60 O ID:
朝鮮も満州も赤字経営。日本の植民地経営でプラスだったのは台湾だけ。とっとと損キリすりゃよかったのにな。投資も負け、

結局、幼稚すぎるのにメンツとタテマエだけこだわって将来の国民まで売ったただのバカ、ただの売国。
69:2014/02/14(金) 08:10:44.85 0 ID:
損得で考えるべきではない。
日本は神の国家である以上、正義をなさなければならない。
朝鮮解放、満州解放、中国解放、米国の介入、そしてアジア解放。
戦争に負けたが、解放には成功した。
蛮族の論理と一緒にしては行けない。
70:2014/02/14(金) 10:13:55.97 O ID:
日英同盟を組んでイギリスの植民地政策を支援するために借金して戦ったのが日露戦争。

何が神の国だ?帝国主義の手先じゃん(笑)
71:2014/02/14(金) 10:36:44.23 0 ID:
>日本は神の国家である以上、正義をなさなければならない。



こういう電波思想は国家を滅ぼす元になる
正義や大義よりも生き残ることが重要だ
72:2014/02/14(金) 21:16:02.12 O ID:
イギリスの東方侵略の最終章が日露戦争。第一次大戦以降は資本も人材も米国に移る。
パレスチナもイスラエル建国前にイギリスと敵対してアメリカと手を組むだろ。
イギリスとかアメリカってのはただの地名と納税者のセット、実際にこういう議論をするなら国対国なんてことは有り得なくて、人間または会社や組織が動いていることを忘れちゃだめな
79:2014/02/15(土) 21:57:10.79 O ID:
イギリスは、ロシアの南下政策に不安で、同盟に応じたというひともいるが、実は少しチガウ
80:2014/02/15(土) 21:59:10.07 O ID:
このころのイギリスは結構パレスチナに夢中だった、とくにユダヤ人が。でポグロムの多かった帝政ロシア打倒にも彼らは意欲があった
81:2014/02/15(土) 22:00:31.74 O ID:
ついでにイギリスはロシアとフランスが組むという最悪の自体を予防したかったんだわ
82:2014/02/16(日) 10:13:36.17 0 ID:
第二次大戦でもチャラにせず、ずっと支払わせたなんて鬼畜すぎる。
84:2014/02/16(日) 17:34:10.29 0 ID:
借金を返さないといけないなんって、なんて鬼畜なんだ。
85:2014/02/16(日) 22:42:55.69 0 ID:
確かに鬼畜だな。
そんな大昔の借金なんてチャラにするのが道理だろ。
86:2014/02/17(月) 00:07:45.61 0 ID:
どの程度影響があるのか、「そんな大昔の借金なんてチャラにするのが道理だろ」
というのを試しに安倍さんや黒田さんに国際メディアの前で発言してみて欲しい
それで日本国債の価格が急激に下落しなければ、道理として説得力が増す
87:2014/02/17(月) 05:02:35.95 0 ID:
借りた感謝を忘れて、返済に不満を漏らす心美しき日本人
91:2014/02/18(火) 21:49:43.80 O ID:
国家財政の60倍借金してギリギリ勝てたとか、ロシアヤバすぎる。ところで日露戦争ってカネも人命も日本のほうが損してるのになんで日本が勝ったことになってるの?
92:2014/02/19(水) 02:54:56.22 0 ID:
まず勝ったことにはなってないけど、アメリカの仲介があったから
とはいえそれで勝てる戦争を損害だけで終わらせることは無い
結局はロシアに日本と戦う余力が無かったのが理由
本気出せば強いとかいくら喚いても、ゲームみたく周囲も見ず後先考えず全力投入できるわけじゃないんで
使えない力なら無いのと同じロシアは敵作り過ぎて弱体だった
93:2014/02/20(木) 07:58:45.77 0 ID:
いっぱい借金して何に使ったの?
 ↓
戦艦・兵器の代金
 ↓
戦争前に購入したんでしょ?
94:2014/02/20(木) 08:12:04.67 0 ID:
>>93
いつもニコニコ現金払いできるならいーけどね
95:2014/02/20(木) 20:30:02.49 O ID:
結局日露戦争とロシア革命の両方に投資した銀行家が勝ち。勝負してるつもりさえない日本とロシアの国民が負け、そして影響を被ったおれらも生まれる前から負け組ってことでいいか?
100:2014/02/22(土) 08:44:57.75 0 ID:
日本が頼んで借りたし、借り入れがなければ負けていた。
日本は対外債権を多く保有してるから借りた国債返さないなんてやってたらむしろ大損害。
資本主義経済は相互信用によって成り立っている。
バブル崩壊前なんて貿易黒字で海外資産を買い漁ってたんだがなあ。
101:2014/02/22(土) 15:09:55.34 0 ID:
日本の関税権を担保に借りているけど、
かりに関税で賄ったら何年で返済できるの?
102:2014/02/23(日) 00:08:20.04 0 ID:
貿易でも稼げない経常収支赤字国で典型的な発展途上国だった当時の日本
自国の資源と産業で戦艦や武器や弾薬調達を調達出来るわけでも無かったから
海外から借金して輸入しないと戦争できない

WW2で戦争できたのは資源などの囲い込みがある程度できてて産業も未成熟ながら育っていたから
103:2014/02/23(日) 06:20:20.45 0 ID:
そういうお決まりの日露論はどーでもいいけど
終わった後の借金がどういう目で見られて実際どう扱われてきたのか語れる人はいないの
105:2014/02/23(日) 08:19:11.54 0 ID:
日露終戦直後から元利支払いきつくて増税して国民の不満溜まってたぐらいだろ
当時の外債は元利支払い滞ればもう海外での起債はできん
つかユダヤ系資本が日本に好意的になってくれなきゃ起債すらおぼつかなかった
106:2014/02/23(日) 19:02:38.44 0 ID:
円借款は22兆円で、10.4兆円しか返済されていない。
107:2014/02/23(日) 19:06:55.03 0 ID:
そりゃまだ全部償還期限到来してないからだろ
110:2014/02/23(日) 21:32:29.97 0 ID:
いやまあフローでも経常収支赤字、ストックでも世界最大の純債務国のアメリカなんだけどw
米国債を自前で消化できるんなら経常収支赤字じゃないしw

経済の基礎を知らんアホの戯言w
114:2014/02/25(火) 20:38:11.29 0 ID:
日露戦争で燃え尽きた感が強すぎるw
で、結局借金はいつ返済したんですか?
118:2014/02/27(木) 08:11:06.31 0 ID:
てかなんでバブルの時に返さなかったんだよ


パラパラ踊ってんじゃねーよ
121:2014/02/27(木) 11:33:19.34 0 ID:
>>118
パラパラってバブルの時にあったんだ?90年代中期かと思ってた。
ただいずれにせよ、中曽根や竹下はパラパラを踊ってないんじゃないかなあ。
126:2014/02/28(金) 09:35:51.66 0 ID:
>>121
90年代中期は第二次ぐらいでない?>パラパラ
127:2014/02/28(金) 11:17:56.90 0 ID:
バブル景気は、ジュリアナでは???

ちなみにグッドウィルの創業者が仕掛け人だったらしい
145:2014/03/18(火) 08:35:37.79 0 ID:
勝てばチャラ。
負けても、インフレで大幅圧縮。
かしこいな日本。
147:2014/03/21(金) 10:04:11.51 0 ID:
>>145
まあ国債で国民からふんだくった「借金」はチャラにしたがな。
勝っても賠償金が取れず、増税。
負ければ栄養失調で餓死者続出
あまり賢いとは言えないな、日本人。
146:2014/03/18(火) 10:41:59.38 O ID:
残念ながらポンド建だからインフレは関係ない
150:2014/03/31(月) 17:59:34.51 0 ID:
国が滅びるとかいうレベルの戦争ならともかく、日露戦争程度で、
こんなに金を使っても、賠償金で支払えると思っていたのだろうか?
152:2014/04/01(火) 22:17:35.79 0 ID:
賠償金については日清戦争で味をしめちゃったからね
158:2014/04/20(日) 01:03:25.58 0 ID:
>朝鮮経営が赤字

それは日本のカネが半島に行っただけで、日本の業者とかそっちにも
いってるから一概に損失一方かというと不明。

半島の労働力や資源も収奪してる点があるし、ロシアの半島と満州権益は引き継いでる。
総合的な差し引きはどうなったか調べるのは面倒だが。
日本が欧米に明治期に搾取されてたのは確かだが、日本もアジア食ってたしな。
まあ今は欧米から還流させるようになってきたのは良いことだ。

しかし世界史板もレベル落ちたよな。ユダヤとか被害妄想だけのバカウヨレベルの
レスばっかじゃないか。昔はまだ突っ込み入ってたのに。
159:2014/04/22(火) 06:05:01.48 0 ID:
>>158
それも酷いがギリシャ至上主義とか白人至上主義者みたいな連中も勘弁してほしい
163:2014/05/02(金) 20:54:10.19 0 ID:
>>158
欧米に搾取というか外国からの投資依存するようになったのはまさに日露後。

日露後から満鉄をはじめとする中国東北部に官民の投資が始まったが民間は
早々に中国資本にまけ、満鉄に依存するようになる。その満鉄も恐慌後の大豆の輸出の激減
で経営が傾き始めるなど日本の植民地経営は失敗するべくして失敗したといっていい。
136:2014/03/09(日) 16:39:17.05 0 ID:
なんにせよ、第二次大戦後も日露戦争当時の借金がチャラになってないという事実に驚いた。
どこまで鬼畜で欲深なんだよ。
普通は、そんなもんチャラだろ。
164:2014/05/03(土) 11:29:32.15 0 ID:
なんにせよ、第二次大戦後でもチャラにせず、ずっと支払わせたなんて鬼畜すぎる。
日露戦争なんて大昔の借金なんてチャラにするのが道理だろ。
137:2014/03/09(日) 18:51:44.80 0 ID:
むしろどういう理屈でチャラになるんだ (;´Д`)