このエントリーをはてなブックマークに追加
    豊富


    1
    :2014/02/15(土) 19:49:17.94 0 ID:
    社会主義革命を経験した国は、その後、必然的に独裁の道を辿っているが
    これは何故なのか、なぜ社会主義国家では民主主義が機能しないのか、
    などについて語ろう。
    【なぜ社会主義国家は必然的に独裁の道へと進むのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140520-010445


    1
    :2014/05/22(木)11:05:24 ID:
    当局に立ちはだかる 「サイコパス」片山被告の多重人格疑惑
    2014.05.22

    (略)
    このとき、メガネを外していた片山は何となく“負のオーラ”を漂わせていたが
    会見場近くでメガネをかけた途端にまるで別人、“冤罪被害者の顔”
    になったことに驚いたものだ。

    19日に片山は
    「自分はサイコパス(精神病質者)。ウソを平気でつける」
    と弁護士に告白し、犯行を明らかにした理由を
    「母親を早く平穏な生活に戻してやりたいから」
    と説明したという。

    明大講師の関修氏(心理学)によると、片山の一連の犯行には
    計画性があるので統合失調症の可能性は低いという。
    考えられるのは2つ。
    ひとつは平気で悪いことをしたがる「反社会的人格障害」だ。
    ただし、これは精神疾患ではないので刑事責任能力を有するとみなされる。

    「問題は解離性人格障害、つまり多重人格が疑われることです。
     片山被告は普段は母親思いのおとなしい性格だけど、何かの拍子に
     別人格となって悪いことをしたのかもしれません。
     つまり、ひとりの人間が善と悪のキャラクターを行ったり来たりする。
     今回、素直に罪を認めたのは善の心理状態にあったからではないか。
     注目は次の公判。
     ここで“自分は無実”と前言を翻したら、多重人格の疑いがさらに高まります」

    医師の鑑定などで多重人格と証明されれば、
    刑法第39条の適用を受ける可能性が出てくる。
    「物事の善しあしを理解する是非弁別能力が欠如している場合は心神喪失者
     能力が弱い場合は心神耗弱者とみなされます。
     前者は無罪、後者は刑が半分になります」(弁護士の山口宏氏)
    (以下、略)

    詳細のソース
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/150368/1
    【片山被告「自分はサイコパス。ウソを平気でつける」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140522-002910


    1
    :2014/05/19(月)22:26:27 ID:
    ワタミ社長、会社のイメージアップに躍起 「大声でブラックじゃないと叫びたい」
    キャリコネ:ニュース一覧
    2014年5月19日(月)18時30分配信

    景気回復に伴う人手不足が顕著になる中で、外食各社が待遇改善と
    イメージアップに取り組み始めている。
    労働者が就労を拒む一種の「ストライキ」が、ブラック企業を追い詰める
    効果的な方策となっているようだ。

    ワタミグループの桑原豊社長も、日本経済新聞(5月18日朝刊)のインタビューで
    人手不足の苦労をこう明かしている。
    「先日、名古屋で開いたレストラン&バーは1回の募集で70人の
     アルバイト枠に200人が来た。
     同じ条件で和民が募集しても残念ながら3~5人だ」

    「ワタミ」とつけば客も人材も寄り付かない?
    このレストラン&バーとは、4月17日にオープンした
    「TGIフライデーズ名古屋店」を指すようだ。
    別業態ではこんなに人手が集まるのに、「和民」では
    まったく集まらないのは、どういう理由なのだろうか。

    5月8日に発表された2014年3月期の決算資料によると、
    ワタミグループの連結最終損益は49.1億円の赤字(前期比84.5億円減)。
    1996年の上場以来、初めての最終赤字に転落してしまった。

    特に国内外食事業は、先期の30.8億円の黒字から今期は19.1億円の
    赤字に陥った。
    50億円もの大きな落ち込みだ。
    背景には、総合居酒屋業界に吹く逆風と、人件費の高騰があると分析されている。

    実際、既存店の9割超を占める「和民」「わたみん家」は、
    前年比で1割近い減少と苦戦している。
    一方、ワタミグループの中でも、同じ総合居酒屋の「旨い屋」や、
    専門業態の「炭旬」「GOHAN」は、前年並みかそれを上回る売上を達成している。

    「ワタミ」とついている店が、消費者や求職者に敬遠されているのか。
    桑原社長は前述のインタビューで、この見方を真正面から強く否定している。
    「大声で『ブラックじゃない』と叫びたい。
     社員・アルバイトを合わせ、国内外で約3万人が働く。
     ちまたで言われているような会社なら誰もいない」
    「ブランドを全否定されてるに等しい」

    桑原社長は業績不振の理由について、消費者の
    「店を選ぶ基準が変わった」ことを指摘する。
    外で飲む回数が減り、「せっかくだから」と少し高くても
    ネットで調べる目的型の選択になったのだという。

    結局は「ワタミが選ばれなくなった」ということであり、
    その裏には会社に対するイメージが影響している可能性もある。
    しかしインタビューでは、そこまで認める発言は見られない。

    これに対し、ネットユーザーからは厳しい声が飛んでいる。
    「ワタミの名前がついていない店が好調なのは、
     ワタミの名前がついていないからだと分かっているくせに」
    「名前を変えるだけでこれだけ変わる現状に、ワタミの名を冠する
     会社の社長として忸怩たる思いは無いのかね?
     会社としてのブランドを全否定されてるに等しいぞ」

    同社の新卒3年目の離職率は約46%。
    これを3年で30%以下にするのが目標だという。
    現状で働く3万人がいるとしても、離職率が高いことを会社が
    問題視していることが分かる。

    2014年3月卒業の新入社員数は、採用目標の半分程度(120人)。
    それでも桑原社長は
    「当社だけが苦戦しているわけではない」
    と強気の姿勢を崩さない。
    (以下、略)

    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1073328?news_ref=top_topics_topic
    【ワタミ社長「大声で“ブラックじゃない”と叫びたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140522-011716


    1
    :2014/05/20(火)13:26:03 ID:
    片山被告 裁判早く終わらせるためメール
    5月20日 12時16分

    片山祐輔被告(32)の弁護を担当している佐藤博史弁護士は
    午前11時半ごろから会見を開き、片山被告が裁判を早く終わらせるために
    今月16日に真犯人を主張するメールを送ったと話したことを明らかにしました。

    佐藤弁護士によりますと、20日朝、新宿のホテルに泊まっていた
    片山被告を迎えに行き、弁護士事務所に連れて来て話をした際、
    今月16日のメールについて
    「母親が一日も早く前のように生活をしたいというので、裁判は順調に進んでいると
     理解していたが、1日も早く裁判を終わらせるためにメールを送った」
    と説明したということです。
    (以下、略)

    詳細のソース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/k10014575581000.html


    「真犯人」のメールには、タイトルに天皇、皇后両陛下やキャロライン・ケネディ
    駐日米大使らの殺害予告が書かれていた。
    東京地検と警視庁は19日夜、脅迫容疑で、容疑者を特定せずに
    東京都江東区の片山祐輔被告の自宅を捜索。
    メール送信の裏付けを急ぎ、立件へ詰めの捜査を進める。

    メールのタイトルではほかに、地下鉄の駅でサリンを散布することや、
    片山被告の公判を担当している裁判長らを射殺することなどに言及。
    ケネディ大使については英語で「父親のように殺す」としている。

    本文の最後には
    「警察・検察は片山被告に1億円ぐらい補償してあげてくださいね」
    と記載。
    警察庁長官や検事総長を中傷する文面が書き込まれている。

    あて先は報道機関の記者や弁護士らで、殺害予告の対象者に
    直接送信されていないが、捜査当局は脅迫容疑にあたると判断した。

    【片山被告の真犯人メール、警察は数々の挑発行為から反省の色は無いと判断し脅迫容疑で立件へ、絶対許さぬ焼き土下座態勢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140521-013956

    1
    :2014/05/20(火)20:35:02 ID:
    茂木経済産業大臣は、20日の記者会見で記者の質問に答えた。
    以下に「美味しんぼ」に関する部分を抜き出す。

    記者:
    最近話題になっている「美味しんぼ」というコミックスについてお尋ねします。
    御覧になっているとは思いますが、一方で福島の風評被害を
    増長させるんじゃないかと、大変非難を。
    一方で原発の不安に対して口にできなくなってしまうような、余り規制すると。
    そういう二つの問題があると思うんですが、大臣、原発を所管されるお立場から
    どのように今回の問題捉えているか、もしお考えがあったら。

    大臣:
    現在、福島の復興・再生、これを一層本格化させ、軌道に乗せていく
    段階であると認識をいたしております。
    政府としては、地元の方々の不安や、風評被害を招かないように科学的知見に
    基づいた正確な情報を伝えていくことが何より重要であると考えております。

    記者:
    言論の自由の問題にも絡んでくると思うんですが、
    その辺についてはいかがでございますか。

    大臣:
    あらゆることについて、報道すること、伝えることが言論の自由と言えるかは
    皆さんが御判断ください。
    間違っていることを伝えるのも言論の自由だと思われるかどうかは、
    皆さんが御判断ください。

    ※環境省と文科省に続き、経産省にもこの質問がきましたね。

    全文は経済産業省のサイトで。
    その他の質問は「TPP交渉」「サハリン1」「福島原発 政府事故調査」です。

    茂木経済産業大臣の閣議後記者会見の概要
    平成26年5月20日(火)
    9:50~9:57
    於:記者会見室
    http://www.meti.go.jp/speeches/data_ed/ed140520j.html
    【茂木経産大臣「間違っていることを伝えるのも言論の自由か、マスコミの皆さんがご判断ください」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140521-000415

    1
    :2014/05/20(火)09:48:52 ID:
    <PC遠隔操作事件>片山被告、4事件すべての関与認める
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000015-mai-soci
    東京都港区の佐藤博史弁護士の事務所に姿を現し、「真犯人」を名乗るメールを
    スマートフォンから報道関係者らに送り、東京都江戸川区の河川敷に埋めたと
    認めたことが関係者への取材で分かった。
    4都府県警が誤認逮捕した遠隔操作4事件についても、
    すべて関与を認めたという。

    NHKニュースwebより 5月20日 9時31分
    【PC遠隔操作事件で逃亡した片山被告が弁護士事務所に現れ、自分が真犯人と告白し4件の事件関与を認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140520-015612

    1
    :2014/05/19(月) 11:24:08.04 ID:
    【ジュネーブ共同】
    スイスで18日、時給22スイスフラン(約2500円)の最低賃金を導入することの
    是非を問う国民投票が行われ、76・3%の反対多数で否決された。
    導入されれば世界最高の最低賃金となるはずだった。

    政府や経済界は多数の企業の経営に深刻な打撃を与え、産業に悪影響を
    及ぼすとして導入に反対していた。

    賛成派は世界最高クラスの物価水準のスイスで生活を維持するには
    時給22スイスフランは最低限必要だと主張していた。

    スイスでは最低賃金は設けられていないが、労働者の約9割は既に
    時給22スイスフラン以上の賃金を得ているとされる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8845250/
    【スイスの最低時給2500円法案否決 国民投票で反対多数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140520-010445


    1
    :2014/05/19(月)12:00:13 ID:
    「真犯人」メール、片山被告が自ら送信か
    < 2014年5月19日 11:22 >

    パソコンの遠隔操作事件で、16日、自分が「真犯人」だとするメールが
    報道機関などに送られたが、このメールは、現在公判中の片山祐輔被告が
    自ら送ったとみられることが分かった。
    東京地検は片山被告の保釈の取り消しを求めることを検討している。

    元会社員の片山祐輔被告は他人のパソコンを遠隔操作し、殺害予告メールを
    送った罪などに問われているが、裁判で無罪を主張していて
    片山被告は今年3月に保釈されていた。

    この事件をめぐって、16日、片山被告の裁判が開かれている時間帯に、
    自分が「真犯人」だとするメールが報道機関などに送られ、
    メールには自分が片山被告のパソコンをウイルスに感染させ、
    片山被告の犯行に見せかけたなどと書かれていた。

    しかし、捜査関係者によると、片山被告が16日の裁判よりも前に、
    都内の河川敷で不審な行動をとっているのが捜査員に目撃され、
    片山被告がいた場所にスマートフォンが埋められているのが見つかったという。
    さらに、このスマートフォンを解析したところ、真犯人を名乗るメールのアドレスの
    痕跡があったという。
    時間をずらしてメールを送信するタイマー機能を使うなどして、
    片山被告自身が真犯人を装うメールを送ったとみられている。

    詳細のソース
    http://www.news24.jp/articles/2014/05/19/07251386.html
    【PC遠隔操作事件の片山被告が逃亡、真犯人メールも自作自演と判明し、保釈取り消しの動き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    腹背

    1
    :2014/05/13(火)07:15:14 ID:
    <三行で>
    ・美味しんぼの鼻血騒動「フクシマの真実」描写について
    ・ついに海外メディアにまでとりあげられる事態に
    ・放射線の危険性について見解をオープンにすることはタブーになっていると切る

    <スレタテ人のコメント>
    ついに風評被害が海外にまで広がってしまいましたね
    直接的な被害のない海外では、人々はあることないこと面白おかしく言いたてます
    ※今回の海外記事は日本人が書いてるようです


    日本の努力、被災地の努力を台無しにするような
    「科学に基づかない」妄想を根拠に被災地を口撃することが
    どれほど悪質なことであるか

    「漫画だから。作り話のフィクションですよ」というならまだしも
    「取材に基づいた、真実です」と言い張る悪質さ、その誤謬

    それ「発言」があった事が事実であるだけで
    発言の内容について「放射能による被害」が
    科学的に証明されたわけじゃないというのに

    「取材した」と言い張るなら「研究者による科学的な証明」をきちんと提示して
    科学誌ネイチャーにでも論文載せてから漫画にしたらいいのに


    ソースはこちら……

    『美味しんぼ』描写に自治体が猛抗議 “フィクションなのに…”影響力の大きさに海外紙驚き
    http://newsphere.jp/national/20140512-6/
    newsphere 更新日:2014年5月12日


    【関連ソース】
    Fukushima Watch: Long-Running Foodie Manga Touches Nerve
    http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/05/09/fukushima-watch-long-running-foodie-manga-touches-nerve/?KEYWORDS=fukushima
    By Mari Iwata 9:26 pm JST May 9, 2014

    Expressing concerns about radiation has become a sensitive subject in Fukushima in the wake of the nuclear disaster .
    Even among residents who have decided to stay in the prefecture , those who openly express opposition to nuclear power have received threatening phone calls to quit “hampering rebuilding ” or move away .
    And while the manga is clearly fictional , the controversy illustrates just how influential the medium is in Japan .

    Japanese Manga Stirs Up Fukushima Nuclear Controversy
    http://kotaku.com/japanese-manga-stirs-up-fukushima-nuclear-controversy-1573381718
    Toshi Nakamura Filed to: fukushima Thursday 8:00am

    "People who are in an uproar about a nosebleed might go berserk." Kariya stated. However, Kariya remains firm in his stance, saying that people are trying to sugar-coat the disaster with euphemisms and falsely positive language to hide the truth ? something he hates more than anything else.
    【『美味しんぼ』“フィクションなのに…”影響力の大きさに海外紙驚き】の続きを読む

    このページのトップヘ